後藤 武夫(ごとう たけお、1870年9月13日明治3年8月18日) - 1933年昭和8年)2月25日)は、日本の実業家で、帝国データバンク、日本魂社創業者[1][2]福岡県出身。

来歴・人物編集

筑後国出身。1883年(明治16年)、福岡県立福岡中学校(現福岡県立福岡高等学校)を経て、1887年(明治20年)4月、上京して東京英語学校に入学するが、1890年(明治23年)に帰郷して井尻高等小学校 (現・福岡市立三宅小学校)の教員となる。1894年(明治27年)、妻子を伴って大阪市へ移り、 関西法律学校 (現関西大学)[3]に入学し、勤めながら修学し、1897年(明治30年)に卒業する。福岡日日新聞記者を経て1898年(明治31年)上京の後、明治33年(1900年)に帝国興信所(現帝国データバンク)を設立した。1913年(大正2年)、東京市京橋区の区会議員となり、翌年には東京市会議員に当選する。また1916年(大正5年)には日本魂社を創業し雑誌『日本魂』を刊行、11年(1922年)大日本教化団体連合会を結成している[4]

親族編集

脚注・出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ TDBの歴史 帝国データバンク 2017年11月20日閲覧
  2. ^ 【1916年】雑誌(大正5年)▷「日本魂」(にっぽんこん、日本魂社)ジャパンアーカイブス
  3. ^ 校友 帝国データバンク創立者 関西大学2017年11月20日閲覧
  4. ^ コトバンク デジタル版 日本人名大辞典+Plus 2017年11月10日閲覧
  5. ^ 人事興信所編『人事興信録』第6版、1921年、こ60頁。

関連項目編集

  • 波多野春房 波多野烏峯の筆名で『日本魂』の記者をしていた

外部リンク編集