メインメニューを開く

後藤 浩二朗(ごとう こうじろう)は、日本馬術家。バルセロナオリンピック総合馬術競技代表。アジア大会総合馬術、団体金メダリスト、個人銅メダリスト。

  • アニマルベジテイションカレッジ副校長
  • エルメスジャポン㈱馬具テクニカルアドバイザー
  • ゴトウワークス代表
  • 千葉県馬術協会 理事
後藤 浩二朗 Equestrian pictogram.svg
Kojiro Goto.JPG
個人情報
フルネーム Kojiro Goto
国籍 日本の旗 日本
生誕 (1962-02-24) 1962年2月24日(57歳)
東京都
スポーツ
競技 馬術競技
クラブ アニマルベジテイションカレッジ副校長
成績・タイトル
五輪決勝 1992 バルセロナ
総合馬術競技 36位
戦後初団体7位入賞

経歴編集

東京都出身 祖父 銀作より馬術家として3代目。 誕生の半年前に東京より空気のきれいな横浜に移り、そこで育つが高校、大学時は馬術部(日本大学)のある藤沢で過ごす。

1962年2月、前東京都馬術連盟名誉会長・故 後藤博司の次男として誕生。

1977年4月、日本大学付属藤沢高等学校入学 同馬術部入部。

1980年4月、日本大学経済学部経済学科入学 同体育会馬術部入部。

1977年1980年、第1期 JEF総合馬術部門ジュニア強化選手指定を受ける。

1982年1986年JEF総合馬術部門ナショナルチームにメンバーの指定を受ける。

1982年、最年少でインド ニューデリーで開催されたアジア大会総合馬術競技にてガンジー首相より銀メダルを受理。

1984年日本大学経済学部卒業後、米国ヴァージニア州の Karen O’connor選手に師事。その後、英国、ニュージーランドにて海外馬術研修。

1985年、祖父の創業した後藤鉄工所勤務の傍ら、日本大学馬術コーチとして後進の指導。

1986年アジアオリンピック大会ソウル会場にて、日本悲願の団体初優勝 個人3位。

1991年1999年フランス ル・マンを本拠地として選手兼指導者として活動。ソウルオリンピック仏国チームのMr.Laurent Bousquetに師事。Bousquetから馬術の考え方から生き方まで、人生に多大な影響を受ける。

1991年、国際総合馬術競技CCI PAU フランスに於いて戦後の欧州国際大会では日本人初の個人2位入賞。

1992年バルセロナオリンピック総合馬術競技にて戦後初 団体7位入賞 。

1993年、国際総合馬術競技CCI LUMMENベルギーに於いて日本人として個人初優勝。

1993年1995年JOC日本オリンピック委員会 スポーツ指導者在外研修員として活動。

1995年、日本国初欧州開催の国際総合馬術大会CCIヴィッテルにて団体優勝。

1998年、「日本におけるフランス年」としてお台場で開催された日仏友好親善交流「フランス祭り」の「馬とポニーの部門」の製作と進行を担当し好評を得る。

1999年、日本人として初めてフランスポニーのスペシャリストの資格を取得。12月、フランスより13頭のシェットランドポニーを連れて帰国。

2000年1月、山梨国際乗馬クラブ技術顧問として日本で初めて本格的なポニープログラムの指導開始。7月、NPO地域福祉研究会「ゆきわりそう」の障害者乗馬技術講師に就任。10月、「動物ふれあいフェスティバル」にてポニーブース担当 於) お台場。

2001年6月、エルメスジャポン株式会社の馬具テクニカルアドバイザーに就任。10月、群馬県松井田町にNPO地域福祉研究会「ゆきわりそう」が主催する乗馬施設ハローヒポアンジュの設立に携わり、初代所長を務める。

2002年9月、「ハローヒポアンジュ」を「ハローヒポ」と改め同所の顧問に就任。同月、赤城乗馬学校技術顧問としてポニープログラム指導開始。

2005年、KHTプランニング「KHTライディングスクエア」の馬術主任に就任。富澤香代子が亡き一人息子の功績の記念施設としてブルーベリーヒル内(千葉県勝浦市)に乗馬施設を開設。2006年6月、富澤の他界により同施設を退任。相談役に就任。

2007年4月、ジャパンホースマンアカデミー 馬術部門講師に就任。

2008年2月、ジャパンホースマンアカデミー解散のため退任。

2008年8月、エクウスライディングファーム(相模原市)にてポニープログラム指導開始。

2009年10月、TBS オールスター感謝祭「ポニー競馬」にポニー9頭と共に出演。

2011年3月、エクウスライディングファーム退任。

2011年4月、児童専門ポニースクール プティパレ開校(小田原市鴨宮)の校長に就任。10月、総合馬術競技トレーニングおよび競技 パトリック・ガルウ著書監修出版:恒星社厚生閣

2012年3月、 NPO地域福祉研究会「ゆきわりそう」乗馬教室顧問を退任。8月、児童専門ポニースクール プティパレを退職。9月、宝馬乗馬学校・アニマルベジティションカレッジ副校長に就任。

2018年5月13日、 RDA総会をもって理事退任。

おもな競技成績編集

資格編集

  • フランス青年スポーツ省公認 林間学校指導員
  • フランス青年スポーツ省公認 ポニー指導員(BAP)
  • フランス青年スポーツ省公認 1erカテゴリー騎乗者
  • フランス青年スポーツ省公認 ポニーゲーム指導員・審査員
  • ジェラード生産牧場公認   馬・ポニー生産育成課程修了
  • 文部科学省公認 日本体育協会公認コーチ
  • 日本馬術連盟JEF会員    139番
  • 日本馬術連盟JEF公認     認定指導員
  • 日本馬術連盟JEF公認 審判員1級 障害・馬場・総合
  • 日本馬術連盟JEF公認 障害馬術コースデザイナー1級
  • 日本馬術連盟JEF公認 A級騎乗者
  • 日本古式弓馬術協会  練士(流鏑馬武田流鎌倉派)
  • 国際赤十字公認 救急士
  • 東京都消防庁  甲種防火管理者
  • 国際馬術連盟IEF公認 (障害)元審判員
  • 国際馬術連盟IEF公認 (馬場)元審判員
  • 国際馬術連盟IEF公認 (総合)元技術代表員
  • 国際馬術連盟IEF公認 (総合)元コースデザイナー員

関連項目編集

外部リンク編集