メインメニューを開く

後藤 秀樹(ごとう ひでき、1972年1月21日 - )は、日本の元お笑いタレント

後藤 秀樹
本名 同じ
生年月日 (1972-01-21) 1972年1月21日(47歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府高槻市
血液型 O型
身長 163cm
言語 日本語
方言 大阪弁
最終学歴 大阪府立春日丘高等学校定時制卒業
出身 吉本総合芸能学院大阪校第10期生
コンビ名 シェイクダウン(1992年 - 2000年)
相方 久馬歩(コンビ時代)
芸風 コント
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 1991年 - 2014年
現在の代表番組 なし
公式サイト よしもと芸人 後藤秀樹の「シフクノブログ」
テンプレートを表示

大阪府高槻市出身。吉本興業大阪本社所属。吉本総合芸能学院(NSC)10期生。血液型O型

目次

概要編集

  • 1991年NSCに10期生として入学。翌年の3月に同期のお〜い!久馬(現ザ・プラン9)とコンビ「シェイクダウン」を結成。順調に仕事をこなしていたものの、久馬が2人でやることに限界を感じ、メンバーの増員を後藤に持ち掛けた。しかし、後藤が集団で活動することを拒否したため、シェイクダウンは2000年12月に解散し、後藤はピン芸人になった[1]。 久馬とは今でも仲がよく、メール交換をしたり、楽屋でおしゃべりしている様子が他の芸人にたびたび目撃されていた。
  • コンビ解散後ピン芸人になり、baseよしもとの主要メンバーとして活動。2003年8月にbaseよしもとを卒業し、うめだ花月に拠点を移す。
  • 2012年、吉本新喜劇座員オーディション2012に合格[2]
  • 2013年、自らのブログで長期療養を発表(原因は明かされていない)。
  • 2014年秋に芸能界引退。元相方の久馬が2015年1月に行われたザ・プラン9のバスツアー、またその数日後に更新された自身のブログで発表した[3]
  • 芸能界引退後、しばらく表舞台には出ていなかったが元相方の久馬が主催する月例イベント『月刊コント』の特別版で、久馬を含めたNSC大阪10期生の芸歴25周年を記念して2016年11月20日になんばグランド花月で行われた「月刊コント 10期生25周年号」にサプライズ出演。久馬とともにシェイクダウン時代のコントを披露し、メッセンジャー桂三度オモロー山下水玉れっぷう隊などの同期と共演した。
  • 現在ひらかたパークの駐車場の係員として働いている。また引退後にTwitterを開設させ近況報告をしている。

ネタ編集

  • ネタは主に一人コントであるが、2004年頃から漫談も始めている。コントは主に、ぜんじろう陣内智則ネゴシックスなども演じているような、物にツッコむコントである。ソロライブでは、友近のようなコントを披露することもある。
  • 他の同じ芸風の芸人と比べてじっくりツッコむ味のあるツッコミをし、そのツッコミを本人は「粋なツッコミ」と称しているが、元相方の久馬は、ダウンタウン浜田雅功に似ていると評した。
  • また、バトルオワライヤルでのMCも務め、イベントを主宰するバッファロー吾郎も後藤のおかげでこのイベントが成り立つ、と絶大な信頼を寄せている。

逸話編集

  • うめだ花月が存在した時期は、約月1回のペースでソロイベントを行っていた。ライブの形態は、コントやゲストとのトークなどさまざま。
    • また、うめだ花月の芝居もんにかなりのペースで出演しており、マンスリーよしもとでは「Mr.芝居もん」と紹介されることもある。
  • 劇団赤鬼の本公演「レボリューション・セブン」にも出演した。
  • Mr.Childrenボーカル桜井和寿を敬愛しており、桜井のソロイベントで流れるBGMは必ずMr.Childrenである。ただし、ほとんどの番組の歌コーナーでイントロしか流してもらえず歌えないという扱いを受けている。
  • フットボールアワー後藤輝基と勘違いされることが多く、また、あろう事か吉本興業経理部に脚本家の後藤ひろひとと勘違いされ誤って高額の報酬が銀行口座に振り込まれたこともある。その紛らわしさを他の芸人によくネタにされている。3人とも「後藤」は本名である。
  • ダイナマイト関西」に出場した、ジャルジャルの後藤淳平のキャッチコピーは「3人目の後藤」であったが、「1人目の後藤」が彼である。(2人目はフットボールアワー後藤輝基。)
  • 2006年5月に結婚・下鴨神社で挙式をした。10年前にバーで出会い、たまたまその女性が後藤のファンであったことから交際に発展した。
  • 笑いの剣』という番組で自主制作したCMグランプリに輝き、スポンサーからビール1年分を贈呈されたが後藤本人は下戸であったためその恩恵には預かれなかった。
  • 2006年のオールザッツ漫才では、他の芸人をいじって滑るという芸人殺しぶりを発揮した。
  • テレビでの出演はあまりなく、オールザッツ漫才では「後藤さんが見られるのはオールザッツ漫才だけですよ〜」と言われていた。しかし、2009年は出演のオファーがなかったが、ケンドーコバヤシの呼びかけで途中から出演。

主な出演番組編集

コンビ時代の出演番組はシェイクダウンを参照。

脚注編集

  1. ^ テレビ大阪メッセ弾2009年4月10日放送分の久馬の発言
  2. ^ ご報告 - よしもと芸人 後藤秀樹の「シフクノブログ」2012年10月1日
  3. ^ シェイクダウン。 ザ・プラン9 お〜い!久馬のblog 「歩記」、2015年01月21日より

外部リンク編集