メインメニューを開く

後藤 紀夫(ごとう のりお、1937年(昭和12年)1月22日 - )は、中部日本放送の元アナウンサー

神奈川県出身で神奈川県立横浜翠嵐高等学校から早稲田大学卒業。主に1960年代1990年代にかけて、スポーツ中継を中心に活躍した。

人物編集

さらに、CBCが初めてラジオのボクシング中継を自社制作した、WBC世界バンタム級統一王座決定戦・薬師寺保栄辰吉丈一郎戦(1994年12月4日)においても実況を担当した。このラジオ中継は、JRNを通じて全国16局に同時ネットされた[3]

過去の出演番組編集

著書編集

『伝説の野球ティーム バンクーバー朝日物語』 岩波書店、2010年3月 ISBN 4000244558

脚注編集

  1. ^ 戦前、カナダに日系人野球チーム 「バンクーバー朝日物語」出版 中日新聞 2010年4月3日付
  2. ^ ちなみにテレビ中継では、田口豊太郎(当時、同局アナウンサー)が実況を担当
  3. ^ なお、テレビ中継の実況は塩見啓一が担当。