後藤茂

後藤 茂(ごとう しげる、1925年7月3日 - 2015年6月5日)は、日本の政治家である。衆議院議員(6期)。原子燃料政策研究会理事、エネルギー・情報工学研究会議(解散)理事長を歴任した。

経歴編集

兵庫県相生市出身、1947年拓殖大学商学部卒。日本社会党に入り、「社会新報」編集長、総務部長、党のエネルギー政策立案担当等をつとめた。1971年所沢市長選に立候補するが落選。1976年総選挙兵庫4区から立候補して初当選。通算6期務めた。1995年社会党を離党して民主の会を結成、のち市民リーグを経て、1996年民主党に参加したが同年の総選挙で落選した。

1970年代以降、反原発色を強める社会党にありながら、原子力の平和利用をすすめ核拡散を防止する立場から原子力開発、核燃料サイクルを支持していた。

2015年6月5日、肺炎のため死去[1]。89歳没。叙従四位[2]

脚注編集

  1. ^ 後藤茂さん死去 元社会党代議士会副会長 朝日新聞 2015年6月16日閲覧
  2. ^ 平成27年7月13日官報

参考文献編集