メインメニューを開く

後関 昌彦(ごせき まさひこ、1963年8月5日 - )は、千葉県鎌ケ谷市出身の元プロ野球選手外野手一塁手)。左投左打。

後関 昌彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県鎌ケ谷市
生年月日 (1963-08-05) 1963年8月5日(56歳)
身長
体重
180 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 1981年 ドラフト外
初出場 1984年7月29日
最終出場 1992年6月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴編集

習志野高では2年生の時、控え選手ではあるが1980年夏の甲子園に出場。2回戦で東北高中条善伸に完封を喫する[1]

1981年オフに、ドラフト外ヤクルトスワローズ投手として入団し、入団後に野手に転向。

1983年にはイースタン・リーグのベストナイン(一塁手)に選出される。一軍では左の代打要員としての出場が主であったが、1988年には17試合に一塁手、左翼手として先発出場。しかし同年オフ、谷宏明との交換で近鉄に移籍。

1989年には指名打者、一塁手として14試合に先発するが、その後は出場機会が減少。1990年11月に他球団へ移籍するためのセレクション会議にかけられるも、進展なく12月に自由契約。その後、オファーの無い後関に対し近鉄が10%減の年俸900万円で再契約している。1992年限りで現役を引退。

引退後は近鉄のスカウトを経て、現在は東北楽天ゴールデンイーグルスのスカウトを務める[2]。アマ・スカウトグループマネージャーを経て、2019年シーズンからスカウト部長兼任[3]。担当した選手は、永井怜美馬学松井裕樹オコエ瑠偉藤平尚真高梨雄平など。 また、船橋リトルリーグナショナルコーチとして活動中。

エピソード編集

俳優の仲村トオルは同じ東葛地方の中学(後関:鎌ヶ谷二中、仲村:流山東部中)に通学しており(後関より2学年下)、「中学生時代に練習試合で対戦し、校舎の屋根を軽く越えるホームランを打たれた。」とラジオ番組(ニッポン放送「仲村トオルの待たせてゴメン」)で語っていた。

仲村によると、「中学生のなかに、一回りガタイの大きな選手がいて、それが(番組放送当時在籍していた)ヤクルトの後関選手だった」「(全力で投げたボールを軽く打ち返され)自分はプロ野球選手にはなれないと思った。プロになるのはこういうヤツなんだろうと思った」と語っている。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1984 ヤクルト 7 6 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .000 .000 .000 .000
1985 9 9 9 0 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .333 .333 .333 .667
1987 24 24 24 2 4 1 0 1 8 2 0 0 0 0 0 0 0 5 3 .167 .167 .333 .500
1988 56 101 94 11 22 2 0 4 36 7 1 0 2 0 5 0 0 18 1 .234 .273 .383 .656
1989 近鉄 42 78 71 1 15 3 0 1 21 5 0 0 3 0 4 0 0 15 2 .211 .253 .296 .549
1990 14 18 14 2 1 0 0 0 1 0 0 0 1 0 3 0 0 3 2 .071 .235 .071 .307
1991 5 4 4 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .250 .250 .250 .500
1992 7 10 10 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .100 .100 .100 .200
通算:8年 164 250 232 16 47 6 0 6 71 14 1 0 6 0 12 0 0 52 8 .203 .242 .306 .548

記録編集

背番号編集

  • 60 (1982年 - 1987年)
  • 37 (1988年)
  • 36 (1989年 - 1992年)

脚注編集

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 週刊ベースボール2014年3月24日号 P18
  3. ^ <楽天>スカウト部長に後関氏昇格” (日本語). 河北新報オンラインニュース. 2019年5月21日閲覧。

関連項目編集