徐 之範(じょ しはん、507年 - 584年)は、中国南北朝時代医師官僚は孝規。本貫東莞郡姑幕県

経歴編集

南朝斉蘭陵郡太守の徐雄(徐文伯の子)の子として生まれた。はじめ南朝梁の南康嗣王蕭会理の下で府参軍事をつとめた。劉孝勝が武陵王蕭紀の下で長史となると、之範は外兵参軍として召し出された。ほどなく録事参軍に転じた。劉孝勝兄弟が蕭紀に従って蜀に入ると、之範もこれに従った。広漢郡太守をつとめ、持節・梁州刺史に転じ、郫県開国侯に封じられた。

兄の徐之才を頼って北斉に入った。558年天保9年)、寧朔将軍・尚薬典御に任じられた。563年河清2年)、尚薬典御のまま散騎侍郎に転じた。566年天統2年)、輔国将軍・諫議大夫に転じた。567年(天統3年)、通直散騎常侍の位を受けた。568年(天統4年)、翊軍将軍・太中大夫となった。569年(天統5年)、散騎常侍の位を受けた。この年のうちに仮の儀同三司となった。

570年武平元年)、儀同三司・征西将軍に転じた。571年(武平2年)、開府儀同三司の位を受けた。572年(武平3年)、太常卿に任じられ、西陽王に封じられた。573年(武平4年)、侍中となった。この年、之範は後主の命により蘭陵王高長恭を毒殺した[1]577年建徳6年)、北周により使持節・儀同大将軍に任じられた。

584年開皇4年)4月26日、晋陽県の邸で死去した。享年は78。

妻子編集

編集

  • 蘭陵蕭氏
  • 扶風馬氏(西陽王妃)

編集

  • 徐敏信(済陰郡太守)
  • 徐敏行(尚書駕部郎中)
  • 徐敏璞(安定県令)
  • 徐敏直(給事中)
  • 徐敏智(太尉府墨曹参軍)
  • 徐敏貞(給事中)
  • 徐敏鑑
  • 徐敏廉(通直散騎侍郎)
  • 徐敏恭(著作佐郎)
  • 徐敏寛
  • 徐敏恵
  • 徐敏通

脚注編集

  1. ^ 北斉書』文襄六王伝

伝記資料編集

  • 『北斉書』巻33 列伝第25
  • 北史』巻90 列伝第78
  • 隋故儀同西陽王徐之範墓銘(徐之範墓誌)