徐敬徳 (李氏朝鮮)

李氏朝鮮の哲学者 (1489-1546)

徐 敬徳(ソ・ギョンドク、じょ けいとく、서경덕、1489年 - 1546年)は、李氏朝鮮中期の儒学家である。号は花潭。妓生黄真伊朴淵瀑布とともに、「松都三絶」と並び称される。

徐敬徳
各種表記
ハングル 서경덕
漢字 徐敬德
発音: ソ・ギョンドク
日本語読み: じょ けいとく
テンプレートを表示

作品編集

  • 花潭集(화담집)
  • 原理気(원이기)
  • 理気説(이기설)
  • 太虚説(태허설)
  • 鬼神死生論(귀신사생론)

弟子編集