メインメニューを開く

徘徊型兵器 ("loitering munition")は、攻撃型の無人航空機 (UCAV) の一種に対する呼称で、離陸した無人航空機が数時間にわたって目標地域上空を"徘徊"(loitering)し、高価値目標を発見するかもしくは地上管制システムからの指令を受けると、対地ミサイルのように搭載した爆薬もろとも目標に突入し自爆して攻撃を行うというものである[1][2]。徘徊可能な時間内に目標が発見できない場合には自爆するか、機種によっては自力で帰投し再使用可能なものもある。

呼称については徘徊型自律兵器 (Loitering Autonomous Weapons[1]) 、徘徊型攻撃システム (Loitering Attack Systems[3]) というようにも表現される。日本語訳ではうろつき型兵器[2]自爆型UAV特攻型UAVカミカゼUAVなど様々に表現されている。

概要編集

徘徊型兵器の、従来の対地ミサイル巡航ミサイルとの違いとしては

  • 発射(離陸)する時点では必ずしも攻撃目標が明確である必要が無い。
  • 飛翔体自身が自分で攻撃目標を探す事ができる。
  • 攻撃目標が見つかるまで"徘徊"して待つことができる。
  • 攻撃目標が見つからない場合に帰投させれば、コスト的にも無駄にならない。

といった点が挙げられる。

この種の兵器として最初に実用化されたのは、イスラエルIAIが開発し1994年に初飛行に成功したハーピー[1]、これは敵防空網制圧(SEAD)を目的としており、検出した敵レーダー波に向かって突入する機能を持つものであった。

その後は、イスラエルアメリカ合衆国だけでなく、その他の国でも同種の無人兵器の開発が進められている[1]

機種の例編集

脚注・出典編集

関連項目編集

外部リンク編集