御厨駅 (静岡県)

日本の静岡県磐田市にある東海旅客鉄道の駅

御厨駅(みくりやえき)は、静岡県磐田市鎌田にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線である[報道 1][報道 2]駅番号CA30

御厨駅
JR-Mikuriya-Station-North-building2020.jpg
北口(2020年8月21日撮影)
みくりや
Mikuriya
CA29 袋井 (4.6 km)
(3.2 km) 磐田 CA31
所在地 静岡県磐田市鎌田北坊中2111-4
駅番号 CA  30 
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 CA 東海道本線静岡地区
キロ程 242.7 km(東京起点)
電報略号 ミク
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 2020年令和2年)3月14日
備考 業務委託駅
JR全線きっぷうりば
テンプレートを表示

住民の働き掛けで新設が決まった請願駅で、駅名は旧御厨村に由来する[1]。東海道本線の静岡県内区間での駅新設は、愛野駅以来19年ぶりである[1]

歴史編集

駅構造編集

相対式ホーム2面2線を有する地上駅ヤマハスタジアムで開催されるジュビロ磐田主催試合での混雑を想定して、ホーム幅は5メートルと広めに造られている[1]。ホーム下を暗渠化した倉西川が横断している。

業務委託駅であり、磐田駅が当駅を管理している[新聞 6]

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1 CA 東海道本線 上り 静岡沼津方面
2 下り 浜松豊橋方面

(出典:JR東海:駅構内図

駅舎・設備編集

駅舎はホームの上空に設けられた橋上駅舎。東海道本線とこの付近では並走する東海道新幹線をまたぐ自由通路を経て北口と南口、西口が設けられている。西口は将来的にパークアンドライドの利用も想定している[新聞 3][1]

また北口広場は、ヤマハ発動機が施設命名権を取得し、「ヤマハ発動機Revsサークル(レヴズ サークル)」と名付けられ、愛称名板モニュメントが設置された[報道 4]

利用状況編集

開業前の需要は、乗降客数1日2,000 - 3,000人と予測している[1]

駅周辺編集

 
御厨郵便局

ヤマハ関連の施設や古墳が点在している。

隣の駅編集

※「ホームライナー静岡」「ホームライナー浜松」の隣の停車駅は東海道線 (静岡地区)を参照のこと。

東海旅客鉄道(JR東海)
CA 東海道本線
袋井駅 (CA29) - 御厨駅 (CA30) - 磐田駅 (CA31)

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b c d e JR東海道線 新駅「御厨(みくりや)駅」を公開 3月14日開業” (日本語). テレビ静岡 (2020年2月26日). 2020年2月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月13日閲覧。
  2. ^ 移転:御厨郵便局(静岡県)”. 日本郵便 (2020年2月20日). 2020年4月11日閲覧。

報道発表資料編集

  1. ^ “東海道本線 袋井駅〜磐田駅間新駅の設置について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東海旅客鉄道, (2014年4月9日), オリジナルの2018年12月14日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20181214114359/http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000022065.pdf 2020年3月13日閲覧。 
  2. ^ a b “東海道本線 袋井〜磐田間新駅の名称等について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東海旅客鉄道, (2019年2月6日), オリジナルの2019年11月10日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20191110073656/https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000039357.pdf 2019年12月13日閲覧。 
  3. ^ “2020年3月ダイヤ改正について 〜「のぞみ12本ダイヤ」をスタートします!〜” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東海旅客鉄道, (2019年12月13日), p. 4, オリジナルの2019年12月13日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20191213072536/https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000040172.pdf 2019年12月13日閲覧。 
  4. ^ “JR新駅「御厨駅」の北口広場に愛称名板モニュメントを設置” (日本語) (プレスリリース), ヤマハ発動機, (2020年3月9日), オリジナルの2020年3月14日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200314234645/https://global.yamaha-motor.com/jp/news/2020/0309/mikuriya-station.html 2020年3月15日閲覧。 

新聞記事編集

  1. ^ “袋井-磐田間に新駅 JR東海道線 31年度末開業目指す 静岡”. 産経ニュース. (2014年4月10日). https://www.sankei.com/smp/region/news/140410/rgn1404100013-s.html 2020年2月29日閲覧。 
  2. ^ “磐田新駅、あす着工 袋井−磐田間 請願採択から30年/静岡”. 毎日新聞. (2016年6月10日). オリジナルの2018年12月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181214064445/https://mainichi.jp/articles/20160610/ddl/k22/020/113000c 2020年3月13日閲覧。 
  3. ^ a b “JR東海、東海道本線の新駅「御厨駅」を公開14日開業”. 日本経済新聞. (2020年2月26日). オリジナルの2020年3月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200301175231/https://r.nikkei.com/article/DGXMZO56071040W0A220C2L61000?s=5 2020年3月1日閲覧。 
  4. ^ a b “磐田・御厨駅 来月14日に開業”. 中日新聞. (2020年2月27日). オリジナルの2020年2月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200228031448/https://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20200227/CK2020022702000025.html 2020年2月28日閲覧。 
  5. ^ “JR御厨駅(磐田)が開業 「地域の夢」住民ら乗車”. 静岡新聞. (2020年3月15日). オリジナルの2020年3月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200322152058/https://www.at-s.com/sp/news/article/economy/shizuoka/746808.html 2020年3月30日閲覧。 
  6. ^ “JR東海 東海道線「御厨駅」が開業”. 交通新聞 (交通新聞社). (2020年3月10日). オリジナルの2020年8月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200820174526/https://news.kotsu.co.jp/Contents/20200310/252720b2-d9f8-4a86-90c7-78b2d0bf7277 2020年8月20日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集