メインメニューを開く

御幣島駅

日本の大阪府大阪市西淀川区にある西日本旅客鉄道の駅

御幣島駅(みてじまえき)は、大阪府大阪市西淀川区御幣島一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)JR東西線の駅である。駅番号はJR-H47。駅シンボルは、当駅の周辺に川が多く、渡し船が航行していたことにちなみ、「渡し船」である。

御幣島駅
ホーム
ホーム
みてじま
Mitejima
JR-H46 海老江 (2.6km)
(1.7km) 加島 JR-H48
所在地 大阪市西淀川区御幣島一丁目8先
駅番号 JR-H47
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
関西高速鉄道
所属路線 H JR東西線
キロ程 8.6km(京橋起点)
木津から53.4km
電報略号 ミテ
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
13,185人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1997年平成9年)3月8日
備考 直営駅
みどりの窓口
阪 大阪市内
テンプレートを表示

歌島橋交差点の北側に位置する。

目次

歴史編集

駅構造編集

島式ホーム1面2線を持つ地下駅である。8両編成対応。改札口は1ヶ所のみ。地上への出入口は、西淀川区役所付近の1番出入口、バスターミナル付近の2番出入口、尼崎寄りの3番出入口の3ヶ所。歌島橋交差点地下にある地下道や地下駐輪場にも繋がっている。なお、ホームに設置されているエスカレーターは上りのみである。

直営駅北新地駅の被管理駅)かつICOCA利用可能駅(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)。

のりば編集

のりば 路線 方向 行先
1 H JR東西線 下り 尼崎宝塚三ノ宮方面
2 H JR東西線 上り 北新地京橋四条畷方面

ダイヤ編集

日中時間帯は1時間あたり区間快速4本、普通電車4本の合計8本が停車する。朝ラッシュ時は本数が多くなる。すべての列車が停車する。

利用状況編集

2017年(平成29年)度の1日平均乗車人員13,185人である。

開業後の1日平均乗車人員は以下の通りである。

年度別1日平均乗車人員[統計 1][統計 2]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1997年(平成09年) 6,301 [* 1]
1998年(平成10年) 7,240 [* 2]
1999年(平成11年) 7,640 [* 3]
2000年(平成12年) 8,279 [* 4]
2001年(平成13年) 8,880 [* 5]
2002年(平成14年) 9,270 [* 6]
2003年(平成15年) 9,670 [* 7]
2004年(平成16年) 9,852 [* 8]
2005年(平成17年) 10,051 [* 9]
2006年(平成18年) 10,580 [* 10]
2007年(平成19年) 10,869 [* 11]
2008年(平成20年) 11,056 [* 12]
2009年(平成21年) 11,111 [* 13]
2010年(平成22年) 11,337 [* 14]
2011年(平成23年) 11,673 [* 15]
2012年(平成24年) 11,952 [* 16]
2013年(平成25年) 12,182 [* 17]
2014年(平成26年) 12,144 [* 18]
2015年(平成27年) 12,620 [* 19]
2016年(平成28年) 12,880 [* 20]
2017年(平成29年) 13,185 [* 21]

駅周辺編集

歌島橋交差点編集

歌島橋交差点(うたじまばしこうさてん)は、御幣島駅の南・直上にある道路交差点

国道2号府道大阪池田線(みてじま筋・淀川通)、・市道淀川北岸線(淀川通)が交わる五叉路であり、大阪でも主要渋滞ポイントのひとつである[3]。大阪市西淀川区のみならず、阪神間の交通の要所でもあり、大阪神戸方面だけでなく、池田豊中方面や阪神高速湾岸線方面との結節点になっており、交通量が多い。

交差点地下には地下道が設置されており、御幣島駅や地下駐輪場にも繋がっている(地下道は自転車を押して歩く事が出来るが御幣島駅構内部分は自転車進入不可)。

1998年(平成10年)度より歌島橋交差点改良事業が開始され、2010年(平成22年)3月30日に完了した。地下通路・エレベータが設置されて歩車分離された結果、交差点周辺の渋滞長が減少した[4]

なお、歌島橋は当交差点の南側に位置する大野川緑陰道路(旧大野川)にかかる国道2号の橋(大正13年完成)である。

合流道路

バス路線編集

御幣島駅バス停編集

 
歌島橋バスターミナル(現在は閉鎖)

大阪シティバス(旧・大阪市営バス)の停留所。

かつてはトイレや自動販売機が併設されている歌島橋バスターミナルが2番出入口横にあったが、2014年3月31日をもって廃止され、代替として周辺路上に新設された。2006年3月31日まで、回数券レインボーカードの窓口発売をしていた。2013年3月に廃止された赤バス西淀川ループの代替として運行を開始したに〜よんバス[注 2]も乗り入れていた。また、バスターミナル廃止に伴い当駅周辺で折り返す市バス路線はなくなった。

なお、2019年2月現在も歌島橋バスターミナルの跡地はそのままになっており、西淀川区が借り受けてたまにイベントが開催される。上層階はもともとUR賃貸住宅で、2019年2月現在も入居者募集を継続中である。

歌島橋バス停編集

御幣島駅南側にある歌島橋交差点周辺に停留所がある。国道2号を運行する阪神バスの停留所がある他は、大阪シティバス38号系統も停留所がある。

阪神バス
大阪シティバス
  • 38号系統:竹島三丁目 行 / 野田阪神前 行

隣の駅編集

西日本旅客鉄道(JR西日本)
H JR東西線
快速・区間快速・普通(全てJR東西線内各駅停車)
海老江駅 (JR-H46) - 御幣島駅 (JR-H47) - 加島駅 (JR-H48)

脚注編集

[ヘルプ]

記事本文編集

注釈編集

  1. ^ なお、御幣島・歌島橋とも、1975年昭和50年)に廃止された阪神電気鉄道阪神国道線の停留所名に使われていた。阪神国道線#停留所一覧を参照。
  2. ^ 西淀川区が千里山バスに委託し運行。2013年度は有料のコミュニティバスとして、2014年度からは高齢者や福祉手帳の所持者などが利用可能の福祉バスとして運行。2017年3月31日に運行を終了した。
  3. ^ 加島駅南側。

出典編集

利用状況編集

  1. ^ 大阪府統計年鑑 - 大阪府
  2. ^ 大阪市統計書 - 大阪市
大阪府統計年鑑

関連項目編集

外部リンク編集