日本 > 愛知県 > 刈谷市 > 御幸町

御幸町(みゆきちょう)は、愛知県刈谷市町名。現行行政地名は御幸町1丁目から御幸町7丁目。

御幸町
御幸町の位置(愛知県内)
御幸町
御幸町
御幸町の位置
北緯34度58分57.4秒 東経136度59分31.74秒 / 北緯34.982611度 東経136.9921500度 / 34.982611; 136.9921500
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aichi Prefecture.svg 愛知県
市町村 Flag of Kariya, Aichi.svg 刈谷市
町名制定 1960年昭和35年)
面積
 • 合計 0.173633464km2
人口
2019年令和元年)6月1日現在)[2]
 • 合計 1,324人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
448-0821[3]
市外局番 0566(刈谷MA[4]
ナンバープレート 三河

地理編集

刈谷市の中央部に位置する[5]。北は小規模な元刈谷川を境に広小路と、東は名鉄三河線を境に大正町と、南は松坂町と、西は元町と接している[5]

御幸町の中央部を、かつて愛知県道に指定されていた道路が縦断しており、この道路の西側は商店街となっている[5]。名鉄三河線刈谷市駅からこの道路に至る道路沿いも商店が集まっている[5]

歴史編集

1960年(昭和35年)に刈谷市大字元刈谷の一部が刈谷市御幸町となった[6]。商業地区としての発展を願って御幸町と命名された[6]。1980年(昭和55年)には御幸町の東端を通る名鉄三河線の連続立体交差事業が完成した[6]。1989年(平成元年)時点の世帯数は407、人口は1,389だった[5]

世帯数と人口編集

2019年(令和元年)6月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
御幸町1丁目 96世帯 221人
御幸町2丁目 111世帯 254人
御幸町3丁目 62世帯 139人
御幸町4丁目 79世帯 165人
御幸町5丁目 76世帯 153人
御幸町6丁目 50世帯 142人
御幸町7丁目 111世帯 250人
585世帯 1,324人

人口の変遷編集

国勢調査による人口の推移

1995年(平成7年) 1,255人 [7]
2000年(平成12年) 1,233人 [8]
2005年(平成17年) 1,204人 [9]
2010年(平成22年) 1,201人 [10]
2015年(平成27年) 1,298人 [11]

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[12][13]

丁目 番・番地等 小学校 中学校
御幸町1丁目 全域 刈谷市立衣浦小学校 刈谷市立刈谷南中学校
御幸町2丁目 全域
御幸町3丁目 全域
御幸町4丁目 全域
御幸町5丁目 全域
御幸町6丁目 全域
御幸町7丁目 全域

施設編集

  • 愛知県中央信用組合刈谷支店
  • 元刈谷市民館
  • 刈谷市営御幸駐車場[14] - 1969年(昭和44年)開設[6]
  • 御幸公園[5] - 1969年(昭和44年)開設[15][6]。0.16ヘクタール[15]サッカーボールを模したトイレがある。
  • 御幸児童遊園 - 1979年(昭和54年)開設[15]。1,450平方メートル。
  • 大正遊園 - 1982年(昭和57年)開設[15]。200平方メートル。
  • 刈谷日劇 - 1971年(昭和46年)に刈谷市広小路町から御幸町の愛三ビルに移転[16]

その他編集

日本郵便編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 愛知県刈谷市の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2019年6月10日閲覧。
  2. ^ a b 町丁別人口” (日本語). 刈谷市 (2019年6月3日). 2019年6月10日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年6月10日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年6月10日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, p. 1669.
  6. ^ a b c d e 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, p. 1307.
  7. ^ 総務省統計局 (2014年3月28日). “平成7年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  8. ^ 総務省統計局 (2014年5月30日). “平成12年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  9. ^ 総務省統計局 (2014年6月27日). “平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  10. ^ 総務省統計局 (2012年1月20日). “平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  11. ^ 総務省統計局 (2017年1月27日). “平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  12. ^ 小学校学区の一覧”. 刈谷市 (2012年12月21日). 2019年6月10日閲覧。
  13. ^ 中学校学区の一覧”. 刈谷市 (2012年12月21日). 2019年6月10日閲覧。
  14. ^ 御幸駐車場 刈谷市
  15. ^ a b c d 刈谷の公園 刈谷市
  16. ^ 刈谷日劇 港町キネマ通り
  17. ^ 郵便番号簿 2018年度版 (PDF)” (日本語). 日本郵便. 2019年6月10日閲覧。

参考文献編集

  • 角川日本地名大辞典 23 愛知県』「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1989年(日本語)。ISBN 4-04-001230-5

関連項目編集