御府内備考(ごふないびこう)は江戸幕府が編纂した江戸の地誌である。監修者は三島六郎政行安永9年(1780年)6月 - 安政3年(1856年)9月)。江戸に関する基本史料になっている。

経緯編集

1810年(文化7)、幕府は「新編武蔵風土記」の編纂を昌平坂学問所に命じた。武蔵国内の町名主や旧家、寺社より書上を提出させたが、御府内のことは除くことに決め、豊島郡以下22郡の地誌の編纂作業を行った(新編武蔵風土記稿)。御府内に関して集めた資料は、神谷岩三郎信順に命じてまとめさせた[1]

1826年(文政9)に改めて「御府内風土記」を編纂することになり、書院番士三島六郎政行が主任となった。先に神谷がまとめた資料を参考とし、1829年(文政12年)に完成した。「御府内風土記」は1872年(明治5)の皇居火災で焼失するが、「風土記」編纂の備考として整理された資料が「御府内備考」として残されている。

内容編集

正編

145巻。江戸城、武家屋敷、各町の地勢、名所旧跡などを記す。雄山閣の『大日本地誌大系』に所収。

内容
1 江戸総説
2 御城
3-8 御曲輪内
9-12 外神田
13-20 浅草
21-24 下谷
25-26 根津
27-28 谷中
29-31 湯島
32-35 本郷
36-38 駒込
39-40 巣鴨
41-44 小石川
45-47 小日向
48-49 関口
50 護国寺領三ケ町
51 高田[要曖昧さ回避]
52 雑司谷
53-57 牛込
58-60 市谷
61-66 四谷
67-69 赤坂
70-72 青山
73-74 渋谷
75-81 麻布
82-83 櫻田
84-87 飯倉
88-98
99-101 三田
102-104 白金
105 目黒
106-107 高輪
108-110 品川
111-125 深川
126-137 本所
138-140 中之郷
141-142 小梅
143 柳島
144-145 亀戸
続編

147巻。江戸の寺社について記す。

註釈編集

  1. ^ 『大日本地誌体系』第1巻例言NDLJP:1214847/4

関連項目編集

外部リンク編集

底本にした史料編纂掛所蔵本は巻126以降が欠落。戦後に刊行された「御内府備考 第6」は「町方書上」により補ったもの。