メインメニューを開く

復庵宗己(ふくあん そうき)は、鎌倉時代後期から南北朝時代臨済宗

復庵宗己
弘安3年 - 延文3年/正平13年9月26日
1280年 - 1358年10月29日
生地 常陸国[1]
宗旨 臨済宗
寺院 常陸正受庵
中峰明本
弟子 一曇聖瑞龍江善澤宝山明琳無毀誉萬宗清一雪庭紹融寿山宗南覚庵本[2]
著作 『大光禅師語録』[1]

経歴・人物編集

常陸国人領主小田氏の第8代当主小田治久猶子[1]延慶3年(1310年)に渡し、中峰明本の法を嗣ぐ[1]建武2年(1335年)常陸に臨済宗の道場正受庵を開山し、のち法雲寺と改称した[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『復庵宗己』 - コトバンク
  2. ^ 人名規範資料庫、2019年2月3日閲覧。