メインメニューを開く

復本 一郎(ふくもと いちろう、1943年9月5日 - )は、日本国文学者俳人神奈川大学名誉教授。専門は近世・近代の俳文学。俳号は復本鬼ヶ城(おにがじょう)。

愛媛県宇和島市生まれ。神奈川県横浜市で育ち、横浜市立青木小学校、横浜市立栗田谷中学校神奈川県立横浜翠嵐高等学校を卒業。1966年早稲田大学第一文学部文学科国文学専修卒業。1972年、同大学院博士課程単位取得満期退学福岡教育大学助手。1973年講師1974年助教授。同年、『芭蕉における「さび」の構造』で窪田空穂賞(早稲田大学国文学会)受賞。1977年静岡女子大学文学部助教授。1979年10月、静岡大学人文学部助教授、1988年、教授。同年「本質論としての近世俳論の研究」で早稲田大学文学博士[1]1989年、神奈川大学経営学部教授。1998年、実験的俳句集団「鬼の会」の機関誌「鬼」(年2回刊)を創刊。2003年、俳句分野の功績に対して第9回横浜文学賞を受賞[2]2009年、神奈川大学を早期定年退職、名誉教授。

目次

著書編集

  • 『芭蕉における「さび」の構造』塙選書 1973
  • 『芭蕉の美意識』古川書房 1979
  • 『さび 俊成より芭蕉への展開』塙新書 1983
  • 『笑いと謎 俳諧から俳句へ』角川選書 1984
  • 『本質論としての近世俳論の研究』風間書房 1987
  • 『俳句読本』雄山閣出版 1988
  • 『芭蕉古池伝説』大修館書店 1988
  • 『俳人名言集』朝日新聞社 1989 のち文庫 
  • 『俳句を楽しむ ハレの俳句ケの俳句』雄山閣出版 1990
  • 『俳句忠臣蔵』新潮選書 1991
  • 『芭蕉俳句16のキーワード』日本放送出版協会NHKブックス 1992
  • 『俳人たちの言葉』邑書林 1994
  • 『入門芭蕉の読み方』日本実業出版社 1996
  • 『現代俳句への問いかけ』邑書林 1997
  • 『芭蕉歳時記 竪題季語はかく味わうべし』講談社選書メチエ 1997
  • 『江戸俳句夜話』日本放送出版協会・NHKライブラリー 1998
  • 『俳句から見た俳諧 子規にとって芭蕉とは何か』御茶の水書房・神奈川大学評論ブックレット 1999
  • 『俳句と川柳 「笑い」と「切れ」の考え方、たのしみ方』講談社現代新書 1999
    • のち『俳句と川柳』講談社学術文庫 2014
  • 『芭蕉の言葉 去来抄新々講』邑書林 1999
  • 『俳句芸術論』沖積舎 2000
  • 『俳句源流考 俳諧発句論の試み』愛媛新聞社 2000
  • 『知的に楽しむ川柳日東書院 2001
  • 佐藤紅緑 子規が愛した俳人』岩波書店 2002
  • 『正岡子規・革新の日々 子規は江戸俳句から何を学んだか』本阿弥書店 2002
  • 『子規との対話』邑書林 2003
  • 『青春俳句をよむ』岩波ジュニア新書 2003
  • 『俳句実践講義』岩波テキストブックス 2003
    • のち岩波現代文庫 2012 
  • 『俳句とエロス』講談社現代新書 2005
  • 日野草城 俳句を変えた男』角川学芸出版 2005
  • 『新・俳人名言集』春秋社 2007
  • 『日本人が大切にしてきた季節の言葉』青春新書インテリジェンス 2007
  • 『俳句の発見 正岡子規とその時代』日本放送出版協会 2007
  • 『芭蕉との対話 復本一郎芭蕉論集成』沖積舎 2009
  • 『余は、交際を好む者なり 正岡子規と十人の俳士』岩波書店 2009
  • 『子規のいる風景』創風社出版 2011
  • 『子規とその時代』三省堂 2012
  • 『子規のいる街角』創風社出版 2013
  • 『「俳」の精神 芭蕉から井月へ』沖積舎 2013
  • 『歌よみ人 正岡子規 病ひに死なじ歌に死ぬとも』岩波現代全書 2014
  • 『江戸俳句百の笑い』コールサック社 2014
  • 『子規庵・千客万来』コールサック社 2016

共編著編集

  • 『芭蕉の弟子たち 蕉門十哲の俳風と生活』編 雄山閣出版 1982
  • 『総合芭蕉事典』栗山理一監修 尾形仂山下一海共編 雄山閣 1982
  • 『歳時記の宇宙』鷹羽狩行夏石番矢共編 雄山閣出版 1997 Series俳句世界
  • 『芭蕉解体新書 芭蕉の永久革命 現代に発信し続ける芭蕉俳句のダイナミズム』川本皓嗣、夏石番矢共編 雄山閣出版 1997 Series俳句世界 別冊 1
  • パロディーの世紀』荻野アンナ、夏石番矢共編 雄山閣出版 1997 Series俳句世界
  • 『子規解体新書』粟津則雄、夏石番矢共編 雄山閣出版 1998 Series俳句世界 別冊 2
  • 『時代と新表現』坪内稔典、夏石番矢共編 雄山閣出版 1998 Series俳句世界
  • 『精選季題別芭蕉秀句』編著 1998 邑書林句集文庫
  • 『旅のトポロジー鎌田東二、夏石番矢共編 雄山閣出版 1998 Series俳句世界
  • 『早引き俳句季語辞典 使いたい言葉がわかる』編 三省堂 2003
  • 『三省堂名歌名句辞典』佐佐木幸綱共編 2004
  • 『松尾芭蕉ワンダーランド』責任編集 沖積舎 2009

校註など編集

  • 『芭蕉連句評釈 杜哉連句抄』編 雄山閣出版 1974
  • 上島鬼貫『鬼貫の『独ごと』』全訳注 講談社学術文庫 1981
  • 奥の細道 復刻・版本絵入』編 1989 静岡郷土出版社
  • 『新編日本古典文学全集 88 俳論集』堀切実共校注・訳 小学館 2001
  • 『鬼貫句選』校注 岩波文庫 2010
  • 井上井月『井月句集』編 岩波文庫 2012

出典・脚注編集

  1. ^ 本質論としての近世俳論の研究 復本一郎”. 国立国会図書館. 2012年12月27日閲覧。
  2. ^ 横浜生まれの文学賞 横浜文学賞”. 横浜市立図書館. 2012年12月27日閲覧。

参考文献編集