メインメニューを開く

復興号(ふっこうごう)は台湾鉄路管理局が運行している列車の一つである。

復興号
TRA E417 Fu-Hsing Semi Express Yilan Line Houtong 20160221.JPG
猴硐駅を通過する東部幹線の「復興號」
各種表記
繁体字 復興號
簡体字 复兴号
拼音 Fùxīnghào
注音符号 ㄈㄨˋ ㄒ|ㄥ ㄏㄠˋ
発音: フーシンハオ
台湾語白話字 Ho̍k-heng-hō
日本語読み: ふっこうごう
英文 Fu-Hsing Semi Express
テンプレートを表示

「復興号」の「復興」という名称は中華民国総統蒋介石中国での文化大革命に反対して1966年中華文化復興運動中国語版を提案したことに由来して命名された。復興号の前身は興号中国語版に組み込まれていた「冷気対号」であり、運行管理の利便化を目的として1981年興号を光号と「冷気対号」とに分離した際、「冷気対号」が復興号という独自の列車となった。

また車輌等級以外に鉄道運賃計算では4種類の運賃体系の中で三番目の運賃等級の名称として使用されている。2019年1月現在、運賃は1kmあたり1.46NTDである[1]。このほか、通勤電車通勤電聯車)、支線用冷房気動車支線冷氣柴油車)も当該等級での運賃計算を行い、切符上には「復興/電車」と印字表示されている。2006年11月1日、台鉄は電車の等級を廃止し、不対号の復興号及び電車区間車として統合し、運賃は復興号の運賃体系に基づき計算されている。

目次

概要編集

1980年代、台鉄は唐栄鉄工廠に対し空調客車120両を発注した。1980年2月、最初の15両が引渡され、光号にて従来の客車との混合編組での運行が開始された。この車輌を一般に光特快附掛対号と称されている。

1980年7月16日、台鉄はこれら新型車輌と比較的内装が高級であった光号車両との混合編成を、台北-花蓮間及び台北-高雄間に投入し、興号(6次、39次、44次、15次)として運行した。この段階で台鉄の上級列車は自強号光号と興号の3本立てとなった。興号はその他等級の列車同様電力機関車或いはディーゼル機関車により牽引されていた。

当初投入された15両の新型車輌は内装が日本製の光号と類似していた。新型冷気対号快車が工場出荷される際には当初特別な名称は無く、単に光特快附掛対号と称されていた。そのため新型車輌の車体塗装は、僅かに区別用の白線が付された他は光号の車両と同一のものが採用され、興号で運用される時は冷気対号と称されていた。

1980年から走り始めた興号は、同一列車でありながら座席により光号と冷気対号とに分類され運賃体系も異なっていた。しかし同一時刻に運行される同一列車に異なる等級を設定することは運行上の不便となり、1981年12月28日に120輌の車輌が完成後、混合編成による莒興号の運行は廃止され、冷気対号が正式に復興号として独立した。

1985年になると、復興号の車輌不足から旧型車輌更新の名目で唐栄鉄工廠により35SPK2200、35SPK2150、35SPK20200型復興号車輌が製造された。この新型車量の最大の特徴はデッキ部に自動ドアを設置し、空調設備を屋根に配置したことにある。

 
冷気平快客車SPK2325。旧型客車に冷房装置を搭載し、復興号と同様の水色系の塗装を施したもの

1990年代、台鉄は空調車輌の不足を解消するために、それまで空調の存在しなかった平快車中国語版(旧型客車)に空調設備を増設し、復興号としての運行を開始した。しかし運行速度や座席が旧来のままであり、また車内放送が行なわれないと元来との復興号との不公平感があり、結局運賃が平快車に戻される意見があった(詳細は冷気平快車中国語版を参照)

近年、復興号の運転本数は削減傾向にあり、台北~高雄間を直通する列車は、2002年では7本あったのが、2009年には2本のみの運行に減少している。

2010年12月22日のダイヤ改正で一度廃止されたが、2011年2月に東部幹線の花蓮~宜蘭間で再び運行を開始した。4月より樹林~台東間での運行も始まる。


運行状況編集

 
復興号40SPK2000
  • 2006年初、機関車に牽引される復興号車輌は150輌運行されている。
  • 1981年製造された40SP20000型が90輌、40SPK20000型及び40SPK21000型が各15輌となる。
  • 40SPK2000型25輌と40SPK2100型5輌が改造され光号となる。
  • 35SPK2200型と35SPK2150型の上部に空調装置が増設され光号となる。
  • 通勤電聯車と台鉄支線で使用されていたDR1000(DRC)、現在の区間車にも復興号運賃体系を適用。
  • 2006年現在復興号の運賃を1.46元NTD/km、台北駅-高雄駅運賃は544元。
  • 復興号は停車駅が多く、台北-高雄の所要時間は7時間強。
  • 2010年12月ダイヤ改正で西部幹線から撤退。
  • 2011年2月から東部幹線で再び運行開始。
  • 春節などの多客期に、東部幹線(樹林~花蓮間)で運行されるEMU700による区間快車は、座席定員制とするために、復興号名義で発券される(ただし、通常の復興号料金でなく、安価な特別料金が適用される)

特色編集

光号と同一の52座席車輌に60席を配置しているため座席間隔が狭く、また窓の配置との齟齬が生じている。

日本における相当種別編集

日本国外の列車は日本の列車種別を明確に当てはめることは難しいが、当列車は日本国有鉄道(国鉄)の準急列車に相当する列車種別として扱われることがある。ただし運賃制度上は座席指定の有無以外は区間車・区間快車と同格であるため[2]、全席指定の快速列車に相当する場合もある[3]

諸元編集

台湾鉄路管理局の復興号は支線で運行されるDR1000及び通勤電聯車 (区間車)を除き下記を保有する。なお、これらの客車は区間車・区間快車にも使用されている。

  • 40SP20000型:90輌
  • 40SPK20000型:15輌
  • 40SPK21000型:15輌
  • 40SPK2000型:5輌
  • 40SPK2100型:15輌

40SP20000型車輌編集

  • 名称:復興号
  • 車種:2等車
  • 註記:復興車号
  • 型式:40SP20000(40は車両の重量を指す、Sは二等車両、Pは型式、20000は通し番号である)
  • 車籍:40SP20001-40SP20090
  • 台数:90輌
  • 重量:35.1t
車輌重量:35t、満載時重量:40t
  • 座席:60
  • サイズ:20m,2.9m,3.8m
  • 最高速度:110km/h

備考編集

1990年代以前、台鉄車輌は鉄路管理局内で統一された名称が存在せず、切符上の名称と運行の名称が異なっていた。復興号には「復興号特快」、「復興特快」や「客乙」等の名称が使用されていた。1990年代、台鉄がオンライン発券システムを導入した後、名称が次第に統一される傾向があり、1993年12月1日に正式に「特快」が削除され「復興号」の統一名称が誕生した。ただし「客乙」の名称は運行部門内部資料で現在も使用されている。

脚注編集

  1. ^ 日本鉄道研究団体連合会『新台湾時刻表』2019年1月号 p.62
  2. ^ 交通新聞社 『トラベルMOOK 台湾鉄道パーフェクト』p.18
  3. ^ 東京堂出版 谷川一巳『普通列車の謎と不思議』p.251 - 252

関連項目編集