メインメニューを開く

微塵流(みじんりゅう)は、剣術を中心とする武術の流派。一羽流を学んだ根岸兎角を流祖とすると伝えられる。

江戸時代中期には土岐氏藩政期の沼田藩で広まっており、微塵流を学んだ同藩出身の櫛淵宣根神道一心流を開いた。

佐渡島に近年まで伝承者が存在した。

参考文献編集