メインメニューを開く

徳之山八徳橋(とくのやまはっとくばし)は、国道417号の途中、岐阜県揖斐郡揖斐川町揖斐川上流の徳山ダムダム湖(徳山湖)上に架かるエクストラドーズド橋である。

徳之山八徳橋
徳之山八徳橋(全景)
基本情報
日本の旗 日本
所在地 岐阜県揖斐郡揖斐川町
交差物件 揖斐川
座標 北緯35度41分13.3秒 東経136度29分32.8秒 / 北緯35.687028度 東経136.492444度 / 35.687028; 136.492444
構造諸元
形式 PCエクストラドーズド
全長 503m
最大支間長 220m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
国道417号標識

目次

概要編集

 
徳之山八徳橋(近景)

特徴編集

 
花房山から望む徳山湖と徳之山八徳橋

徳山ダム建設に伴う国道417号付替え橋としては最大の橋である。貯水池を横断する橋であり、急峻な斜面を結ぶ地理的条件などから、支間長220mという長大な橋となった。また、支間長220mはPCエクストラドーズド橋として世界最長である。

この橋の名称は、ダム湖に沈む徳山村の「」つの集落(下開田、上開田、徳山、塚、門入、櫨原、戸入、山手)から「」があるようにと願って名づけられた[1]

アクセス編集

表彰編集

  • 平成19年度プレストレストコンクリート技術協会賞(作品部門)

脚注編集

関連項目編集