徳大寺公維

室町時代後期から安土桃山時代の公卿
 
徳大寺公維
時代 室町時代後期-安土桃山時代
生誕 天文6年(1537年
死没 天正16年5月19日1588年6月12日
官位 正二位内大臣
主君 後奈良天皇正親町天皇
氏族 近衛家久我家徳大寺家
父母 父:近衛尚通、母:徳大寺維子
養父:久我通言徳大寺実通
兄弟 花屋理春、近衛殿、近衛稙家義俊、覚誉、道増、慶寿院久我晴通徳大寺公維
花山院定熙室、実久
テンプレートを表示

徳大寺 公維(とくだいじ きんふさ)は、室町時代後期から安土桃山時代公卿。官位は正二位内大臣

経歴編集

公式には久我通言の二男とされたが、実際には近衛尚通が正室徳大寺維子との間にもうけた末子である[1]。久我通言の養子となり、越中国で横死した徳大寺実通の養子となって徳大寺家を相続した。天文15年(1546年)叙爵して以降累進し、侍従相模介左近衛中将を経て、天文21年(1552年)に従三位となり、公卿に列する。権中納言を経て、永禄3年(1560年)に権大納言となる。天正3年(1575年)に辞したが、天正4年(1576年)に再任した。天正5年(1577年)には左近衛大将となるも辞職。天正6年(1578年)には神宮伝奏に就任。天正8年(1580年内大臣となるも辞す。和歌と尊鎭流の書をよくした。

系譜編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 宮内庁書陵部所蔵「華族系譜151」
  2. ^ 花山院定熙と娘の間の子

関連項目編集