メインメニューを開く

徳大寺実則

徳大寺 實則(とくだいじ さねつね、天保10年12月6日1840年1月10日) - 1919年大正8年)6月4日)は、幕末から明治期の公卿官僚宮内卿内大臣明治天皇侍従長等を務めた。栄典従一位大勲位公爵東山天皇男系六世子孫である。

徳大寺 実則
とくだいじ さねつね
Sanetsune Tokudaiji 01.jpg
生年月日 1840年1月10日
天保10年12月6日
出生地 日本の旗 日本 山城国京都
(現・京都府京都市
没年月日 (1919-06-04) 1919年6月4日(79歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京府
前職 内廷職知事
称号 従一位
大勲位菊花章頸飾
公爵
配偶者 徳大寺年子
子女 徳大寺公弘
高千穂宣麿
鷹司順子
佐竹祚子
徳大寺則麿
松平治子
徳大寺彬麿
島津伊楚子

日本の旗 第2代 内大臣
在任期間 1891年2月21日 - 1912年8月12日

日本の旗 第6代 侍従長
在任期間 1884年3月21日 - 1912年8月13日

日本の旗 第2代 宮内卿
在任期間 1871年11月29日 - 1884年3月21日

日本の旗 初代 侍従長
在任期間 1871年9月18日 - 1877年8月29日
テンプレートを表示
徳大寺実則

目次

概要編集

尊皇攘夷派の公卿として活躍し、1862年(文久2年)国事御用掛、翌年議奏となったが、1863年(文久3年)に起こった八月十八日の政変に関与し謹慎となった。王政復古の後、1868年(慶応4年)1月に明治政府の参与議定として内国事務総督を兼ね、2月には内国事務局督、1869年(明治2年)内廷職知事、ついで大納言に至った。

1871年宮内省に入り、侍従長宮内卿と兼任に至った。1891年内大臣侍従長となり、明治天皇の側近として天皇が崩御するまで補佐した。明治天皇の政治関与には強く反対し、元田永孚らが侍補制度を定めて天皇親政運動を行った折にはその阻止に動いた。また、自らの政治的関与も強く戒めて侍従長在任中は政界に転じた実弟の西園寺公望とは公の場所以外では会話しなかったと言われている。

1919年、流行性感冒スペインかぜ)のため薨去[1]。享年80。墓所は当初谷中霊園にあったが、現在は多磨霊園にある。なお、霊園事務所から官報無縁墳墓等改葬公告が出ており、2018年度現在はまだ残存しているが、近いうちに撤去される可能性がある。

官途編集

※1872年までの日付は旧暦

  • 嘉永元年(1848年)- 7月12日 従五位下に叙位。
  • 嘉永2年(1848年)- 1月5日 従五位上に昇叙。
  • 嘉永3年(1850年)- 2月3日 正五位下に昇叙。
  • 嘉永4年(1851年)- 3月22日 侍従に任官。7月28日 従四位下に昇叙、侍従は元の如し。12月4日 元服して禁色昇殿を聴される。
  • 嘉永5年(1852年)- 1月27日 従四位上に昇叙、侍従は元の如し。
  • 嘉永6年(1853年)- 5月8日 正四位下に昇叙、侍従は元の如し。
  • 嘉永7年(1854年)- 3月7日 右近衛権少将に転任。
  • 安政4年(1857年)- 2月8日 左近衛権中将に転任。12月19日 従三位に昇叙、左近衛権中将は元の如し。
  • 安政5年(1858年)- 3月24日 正三位に昇叙、左近衛権中将は元の如し。
  • 文久2年(1862年)- 4月25日、権中納言に転任。12月9日 朝廷国事御用掛を兼帯。12月24日 従二位に昇叙、権中納言と国事御用掛は元の如し。
  • 文久3年(1863年)- 4月17日 議奏を兼帯。8月24日 議奏を辞す。
  • 慶応3年(1867年)- 2月28日 正二位に昇叙、権中納言と国事御用掛は元の如し。12月9日 国事御用掛廃止。
  • 慶応4年(1868年)- 1月3日 明治政府参与を兼帯。1月9日 議定に異動。2月2日 権大納言に転任、議定は元の如し。1月20日 政府内国事務局督を兼帯。閏4月21日 官制改革により議政官の上局の議定(立法府の上院の議員)を兼帯、内国事務局督は元の如し。
  • 明治2年(1869年)- 7月8日 官制改革により大納言を拝命。4月 内廷職知事を兼帯。
  • 明治3年(1870年)- 2月 山口宣撫使を兼帯。
  • 明治4年(1871年)- 7月14日 大納言を辞し、麝香間祗候となる。8月4日 侍従長を拝命。9月15日 宮内卿を兼任。
  • 明治10年(1877年)- 8月29日 官制改革により侍従長を辞し、一等侍補を兼帯。11月22日 勲一等旭日大綬章
  • 明治11年(1878年)- 6月7日 一等侍補を辞す、宮内卿は元の如し(専任)。
  • 明治17年(1884年)- 3月21日 官制改革により旧制の侍従長が復活したことにともない侍従長に再任、宮内卿は辞す。7月7日 華族令により侯爵に叙爵。
  • 明治18年(1885年)- 7月 華族局長官を兼帯。
  • 明治24年(1891年)- 2月21日 内大臣を拝命、侍従長は元の如し。
  • 明治32年(1899年)- 12月 従一位に昇叙。
  • 明治44年(1911年)- 4月21日 多年の勲功により公爵に陞爵。
  • 大正元年(1912年)- 8月13日 内大臣兼侍従長を退任。
  • 大正8年(1919年)- 6月4日 大勲位菊花章頸飾、同日薨去(満79歳没)

栄典編集

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

家族・親族編集

系譜編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東山天皇
 
中御門天皇
 
桜町天皇
 
桃園天皇
 
後桃園天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
直仁親王
 
典仁親王
 
光格天皇
 
仁孝天皇
 
孝明天皇
 
明治天皇
 
大正天皇
 
昭和天皇
 
今上天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鷹司輔平
 
鷹司政煕
 
鷹司政通
 
鷹司輔煕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳大寺公純
 
徳大寺実則
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

脚註編集

[ヘルプ]
  1. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)19頁
  2. ^ 『官報』第4931号「叙任及辞令」1899年12月7日。
  3. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
  4. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年11月30日。
  5. ^ 『官報』第3684号「叙任及辞令」1895年10月8日。
  6. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年1月28日。
  7. ^ 『官報』第7578号・付録「辞令」1908年9月28日。
  8. ^ 『官報』第7779号「叙任及辞令」1909年6月2日。
  9. ^ 『官報』第8347号「授爵・叙任及辞令」1911年4月22日。
  10. ^ 『官報』第205号・付録「辞令」1913年4月9日。
  11. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  12. ^ 『官報』第554号「賞勲叙任」1885年5月9日。
  13. ^ 『官報』第569号「賞勲」1885年5月27日。
  14. ^ 『官報』第879号「叙任及辞令」1886年6月8日。
  15. ^ 『官報』第2378号「叙任及辞令」1891年6月5日。
  16. ^ 『官報』第7497号「叙任及辞令」1908年6月24日。
  17. ^ 『官報』第7600号「叙任及辞令」1908年10月24日。
  18. ^ a b 八幡和郎「今上天皇に血統の近い知られざる『男系男子』たち」『新潮45』36巻1号、新潮社2017年1月18日、42頁。

関連文献編集


公職
先代:
三条実美
内大臣(近代)
第2代:1891年 - 1912年
次代:
桂太郎
日本の爵位
先代:
陞爵
公爵
徳大寺家初代
1911年 - 1919年
次代:
徳大寺公弘
先代:
叙爵
侯爵
徳大寺家初代
1884年 - 1911年
次代:
陞爵