メインメニューを開く
 
徳大寺実祖
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦3年1月6日1753年2月8日
死没 文政2年1月28日1819年2月22日
改名 季繁(初名)→実祖
別名 号:摩尼珠院
官位 従一位右大臣
主君 桃園天皇後桜町天皇後桃園天皇光格天皇
氏族 西園寺家徳大寺家
父母 父:西園寺公晃、母:今出川伊季の娘
養父:徳大寺公城
兄弟 西園寺賞季実祖今出川実種
公迪清水谷実揖実繁、泰君[1]
テンプレートを表示

徳大寺 実祖(とくだいじ さねみ)は、江戸時代中期から後期にかけての公卿内大臣西園寺公晃の次男(三男とも)。権大納言徳大寺公城の養子。官位従一位右大臣

経歴編集

京都にて誕生。宝暦7年(1757年)に叙爵。宝暦10年(1760年)に徳大寺家に養子に入った。その後、侍従右近衛権少将・左近衛権中将を経て、安永2年(1773年)に権中納言、安永3年(1774年)に後桜町上皇の院御厩別当となる。安永5年(1776年)には踏歌節会外弁を務める。

安永8年(1779年)に権大納言就任。天明6年(1786年)に大歌所別当となる。寛政6年(1794年)に光格天皇の中宮欣子内親王中宮大夫に就任。寛政9年(1797年)には右近衛大将右馬寮御監に転じた。寛政10年(1798年内大臣に任ぜられるも辞す。寛政12年(1800年)に従一位を授与された。文化12年(1815年)右大臣に任じられるも辞す。

脚注編集