メインメニューを開く

徳山 則秀[1](とくのやま/とくやま のりひで)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将、。通称は孫三郎、五兵衛で、法名は二位法印秀現[2]。父は少左衛門貞孝。

 
徳山 則秀
Hatamoto Tokuyama Jin'ya Park 2019-10-27 8.jpg
徳山則秀の肖像
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 天文13年(1544年
死没 慶長11年11月22日
1606年12月21日
改名 孫三郎→則秀→徳山則秀(改姓)
別名 五兵衛(通称)
戒名 二位法印秀現
墓所 法幢山 増徳寺
幕府 室町幕府江戸幕府旗本
主君 織田信長柴田勝家丹羽長秀
前田利家徳川家康
氏族 徳山氏
父母 父:徳山貞孝
兄弟 四郎兵衛尉則秀秀貞
女(徳山英行正室)、直政
養子:英行佐久間盛政息子)
特記
事項
氏の「徳山」の読みをとこのやまから
とくのやまへと改称し、家紋を土岐桔梗から丸に三つ地紙へ変更する。
テンプレートを表示

生涯編集

天文13年(1544年)、徳山貞孝の子として美濃国で生まれる。徳山氏は途中で土岐氏からの養子が入ったため、清和源氏土岐氏庶流であるが、本来は東漢姓坂上氏[3]の庶流で、美濃国大野郡徳山の土豪であった。

はじめ斎藤氏に属したと思われ、後に織田信長に臣従し、柴田勝家の与力となる。一向一揆など北陸地方の平定に尽力し、加賀国松任城4万石の主となる。信長死後も勝家に従い、天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いでは佐久間盛政隊の先鋒として奮戦した。戦後、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)に赦され、丹羽長秀に仕えた。その後、主君・丹羽長重が減封された時に召し放たれて前田利家に仕え、天正13年(1585年)に末森城の戦いに従軍して佐々成政と戦った。早くから徳川家康に通じ、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦い直前に前田家を出奔し、家康に仕えて5,000石を領した。

慶長11年(1606年)、死去。子孫は旗本として続いた。

徳山氏編集

徳山氏
 
丸に三つ地紙
中陰三つ割り桔梗
本姓 坂上氏美濃源氏
家祖 徳山貞信
種別 武家
主な根拠地 美濃国大野郡徳山郷
著名な人物 徳山則秀
支流、分家 河合氏
凡例 / Category:日本の氏族

徳山氏(とくのやまし/とこのやまし/とくやまし)は、坂上姓美濃源氏土岐氏の流れをくむ日本氏族家紋は丸に三つ地紙、中陰三つ割り桔梗[4]。祖は徳山貞信である。徳山貞信は延元2年(1337年)、徳山村の本郷に居館、揖斐川西岸の山に徳山城を築いて居城とした。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 『加能越古文叢』
  2. ^ 『浅野家文書』
  3. ^ 1.美濃国坂上姓徳山氏
  4. ^ 千鹿野茂『続家紋でたどるあなたの家系』より。
  5. ^ 美濃国坂上姓徳山氏、日本系譜出版会『徳山一族の系譜』(昭和53年)、『各務原市史 通史編 近世・近代・現代』(昭和62年)を参考にした。
  6. ^ これは貞輔(次郎右衛門尉)が土岐頼武から領地を加増された際の文書。

関連項目編集