メインメニューを開く

徳島県文化の森総合公園(とくしまけんぶんかのもりそうごうこうえん)は徳島県徳島市八万町向寺山にある、置県100年を記念した文化公園[1]。面積は約40.6ヘクタール。とくしま88景に選定。阿波歴史文化道に指定。

徳島県文化の森総合公園
Tokushima Bunka-no-Mori Park
Tokushima bunka-no-mori park02s3872.jpg
三館棟前の円形噴水
徳島県文化の森総合公園の位置(徳島県内)
徳島県文化の森総合公園
分類 総合公園
所在地
座標 北緯34度2分20.8秒 東経134度31分36.1秒 / 北緯34.039111度 東経134.526694度 / 34.039111; 134.526694座標: 北緯34度2分20.8秒 東経134度31分36.1秒 / 北緯34.039111度 東経134.526694度 / 34.039111; 134.526694
面積 40.6ha
開園 1990年11月3日
設計者 吉村元男
設備・遊具 徳島県立図書館
徳島県立博物館
徳島県立鳥居龍蔵記念博物館
徳島県立近代美術館
徳島県立文書館
徳島県立21世紀館
野外劇場、カスケード
知識の森、創造の森、県民の森
駐車場 444台
事務所 徳島県立21世紀館
公式サイト http://www.comet.tokushima-ec.ed.jp/

地理院地図 Googleマップ 徳島県文化の森総合公園

目次

公園の構成編集

シンボル広場を中心に各文化施設が建ち[注 1]、施設と対になるテーマを持った公園や森林がそれらを包み込み、南と東西へ扇状に広がっていくようデザインされている[2]

施設ゾーン編集

各施設毎に文化の森での識別カラーを使用している。

公園ゾーン編集

  • 野外劇場 - 2000名収容の円形劇場
  • カスケード - 山腹から三館棟に流れ落ちる長さ135m、落差30mの階段状の人工
  • 知識の森、(伝承の森[注 3])、創造の森、県民の森 - 図書館、博物館、美術館、文書館と対になる公園。

森林ゾーン編集

  • 王子神社 - 「猫神さん」の愛称で親しまれている神社。
  • 向寺山 - 全てを包み込む保存林

利用情報編集

 
「文化の森」案内図
 
「文化の森」バス停
 
図書館2F入口前にある日時計のオブジェ

開館時間編集

  • 9:30~17:00
図書館のみ平日は9:30~19:00

休館日編集

  • 月曜日(祝日の場合は翌日)
  • 年末年始
図書館・文書館は、上記に加えて毎月第3木曜日も休館

交通アクセス編集

  • JR徳島駅から「文化の森」行き、またはバイパス経由「市原」行きバスに乗車し約25分、「文化の森」下車。
しらさぎ台一宮天の原佐那河内方面行きバスに乗車し「園瀬橋」下車、徒歩約10分。
  • JR徳島駅より牟岐線文化の森駅下車徒歩約35分、または「文化の森駅東」バス停から「市原」行きバス、「法花大橋」バス停から「文化の森経由 法花」行きバスに乗車し「文化の森」下車。
(駅開業から長年当駅からのバス路線は運行されていなかったが、2016年4月より接続するバス停が設置されることになった。)

駐車場編集

  • 普通車 - 430台
  • バス - 14台

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 噴水の場所が文化の森全体の基準点。
  2. ^ 2010年11月3日鳴門市妙見山公園から移転。
  3. ^ 開園以降、未整備。博物館から続く園路脇が予定地。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集