メインメニューを開く

徳島県立博物館(とくしまけんりつはくぶつかん、英称:Tokushima Prefectural Museum)とは、徳島県徳島市文化の森総合公園向寺山)の三館棟内にある博物館である。施設識別カラーは「水色」。阿波国徳島県四国の歴史に関する資料を収集展示。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 徳島県立博物館
Tokushima Prefectural Museum
博物館がある三館棟
徳島県立博物館の位置(徳島市内)
徳島県立博物館
徳島県立博物館の位置
徳島県立博物館の位置(徳島県内)
徳島県立博物館
徳島県立博物館の位置
徳島県立博物館の位置(日本内)
徳島県立博物館
徳島県立博物館の位置
施設情報
前身 徳島県博物館
専門分野 人文科学自然科学
研究職員 13名
事業主体 徳島県
管理運営 徳島県
延床面積 8,063m2
開館 1990年11月3日
所在地 770-8070
徳島県徳島市八万町向寺山
位置 北緯34度2分22.2秒
東経134度31分34.0秒
座標: 北緯34度2分22.2秒 東経134度31分34.0秒
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示
「徳島県立博物館」ロビー

利用案内編集

開館時間編集

  • 9:30~17:00

休館日編集

  • 月曜日(祝日、振替休日の時はその翌日。)
年末年始(12月29日~1月4日)

入館料編集

  • 一般 - 200円
  • 高校・大学生 - 100円
  • 小・中学生 - 50円

施設案内・展示内容編集

  • 1階 - 企画展示室
  • 2階 - 常設展示室
    • 総合展示 - テーマは、「徳島の自然と歴史」。
      • 1.日本列島と四国のおいたち
      • 2.狩人たちの足跡
      • 3.ムラからクニへ
      • 4.古代・中世の阿波
      • 5.藩政のもとで
      • 6.近代の徳島
      • 7.徳島の自然とくらし
    • 部門展示 - 分野ごとの個別展示、分類展示を行う。
      • 人文(考古・歴史・民俗・美術工芸)
      • 自然(動物・植物・地学)
    • ラプラタ記念ホール - 文化交流の一環として、ラプラタ大学から寄贈された化石を展示。
    • 徳島県立鳥居龍蔵記念博物館
    • 徳島県立近代美術館
  • 3階 - 講座室、実習室、事務室
  • 屋外 - 伝承の森[1]

歴史編集

前身の徳島県博物館は1959年12月10日、現在の阿波おどり会館の場所で開館し、1990年3月31日現在地へ移転のため閉館した。

交通編集

  • JR徳島駅から「文化の森」行き、またはバイパス経由「市原」行きバスに乗車し約25分、「文化の森」下車。
しらさぎ台一宮天の原佐那河内方面行きバスに乗車し「園瀬橋」下車、徒歩約10分。
  • JR徳島駅より牟岐線文化の森駅下車徒歩約35分、または「文化の森駅東」バス停から「市原」行きバスに乗車し「文化の森」下車。

学芸員編集

  • 高島芳弘(館長、考古)
  • 佐藤陽一(自然課長、動物)
  • 小川誠(上席学芸員、植物)
  • 中尾賢一(上席学芸員、地学)
  • 茨木靖(学芸係長、植物)
  • 辻野泰之(主任、地学)
  • 山田量崇(主任、動物)
  • 長谷川賢二(人文課長、歴史)
  • 大橋俊雄(上席学芸員、美術工芸)
  • 庄武憲子(専門学芸員、民俗)
  • 磯本宏紀(主任、民俗)
  • 松永友和(主任、歴史)
  • 岡本治子(主任学芸員、考古)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 開館以降、未整備。博物館へ続く園路脇が予定地。

外部リンク編集