メインメニューを開く

徳島県道・香川県道34号石井引田線

日本の徳島県と香川県の道路

徳島県道・香川県道34号石井引田線(とくしまけんどう・かがわけんどう34ごう いしいひけたせん)は、徳島県名西郡石井町から香川県東かがわ市に至る県道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
徳島県道34号標識
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
香川県道34号標識
徳島県道34号 石井引田線
香川県道34号 石井引田線
主要地方道 石井引田線
総延長 26.523 km
制定年 1982年
起点 徳島県名西郡石井町石井字石井【地図
主な
経由都市
徳島県 板野郡
上板町板野町
終点 香川県東かがわ市引田
大川橋西詰交差点【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0192.svg 国道192号
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
都道府県道30号標識
徳島県道30号徳島鴨島線
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
都道府県道15号標識
徳島県道15号徳島吉野線
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
都道府県道14号標識
徳島県道14号松茂吉野線
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
都道府県道30号標識
徳島県道12号鳴門池田線
Japanese National Route Sign 0011.svg 国道11号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

徳島県上板町から香川県東かがわ市の間(旧県道103号上板引田線区間)は未供用区間である。

板野町内で徳島県道12号と接続するまでは東西方向の各道路を結ぶ道路として、交通量は多い。上板町内で徳島県道12号と別れてからは、道幅は狭いと言うわけではないものの、行き止まりのため道路の舗装は古く、落石が頻発している。県境近くまで上った所で「県道終点」の看板と共に県道は途切れる。徳島県側の県境付近までの1,155mは1980年までに陸上自衛隊によって整備された[1]

香川県内では、終点側から走行すると、行き止まりの近くまでは、集落を結ぶ走りやすい2〜1.5車線の道が伸びるが、こちらも行き止まりの道とあって道路の舗装は古い。県道102号を分岐した直後、急に1車線の細道となり、行き止まりまで続く。

路線データ編集

歴史編集

  • 1959年(昭和34年)1月31日 - 徳島県道石井板野線、徳島県道六条羅漢線、徳島県道・香川県道上板引田線として認定[要出典]
  • 1972年(昭和47年)3月10日 - 徳島県道124号石井板野線、徳島県道229号六条羅漢線、徳島県道・香川県道103号上板引田線として認定[要出典]
  • 1982年(昭和57年)12月14日 - これらの県道(124号は一部区間)が徳島県道・香川県道34号 石井引田線として主要地方道に昇格[要出典][3]
  • 1993年平成5年)5月11日 - 建設省から、県道石井引田線が石井引田線として主要地方道に指定される[4]

路線状況編集

重複区間編集

橋梁編集

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

ギャラリー編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『上板町史 下巻』(1985年)394頁
  2. ^ 平成29年徳島県道路現況調書。他に旧道2.186 km
  3. ^ 四国内の県境越え主要地方道には通常一桁の番号が与えられるが、昇格時に徳島側・香川側に共通した空き番がなく、共通して一番若い空き番であった34が与えられた。[要出典]
  4. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目編集