メインメニューを開く

徳島県道15号徳島吉野線

日本の徳島県の道路

徳島県道15号徳島吉野線(とくしまけんどう15ごう とくしまよしのせん)は、徳島県徳島市から阿波市に至る県道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
徳島県道15号標識
徳島県道15号 徳島吉野線
主要地方道 徳島吉野線
路線延長 24.6 km
制定年 1965年
起点 徳島市東吉野町地図
主な
経由都市
名西郡石井町板野郡上板町
終点 阿波市吉野町柿原字二条【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0011.svg 国道11号
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
都道府県道39号標識
徳島県道39号徳島鳴門線
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
都道府県道41号標識
徳島県道41号徳島北灘線
Japanese Route Sign Number 1.svg
都道府県道1号標識
徳島県道1号徳島引田線
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
都道府県道29号標識
徳島県道29号徳島環状線
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
都道府県道34号標識
徳島県道34号石井引田線
Japanese National Route Sign 0318.svg 国道318号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

目次

概要編集

徳島市から吉野川に沿って西へ阿波市と続く延長約25 kmの道路である。

その大部分が徳島市西部から名西郡石井町まで、吉野川の南岸堤防の上に設置されている。そこから吉野川を高瀬潜水橋でわたって北岸堤防の下をしばらく進む。

路線データ編集

 
徳島県道15号
板野郡上板町瀬部で撮影。

歴史編集

路線状況編集

大部分が堤防沿いを走ることから、交差する道路が少なく信号機が少ない。 さらに、見通しが良く信号のない区間も長いことなどから、制限速度(50 km/h)をかなり越える速度で通行する車両が多い。概ね70 km/h程度で流れている。このため、速度取締りが頻繁に行なわれている。[独自研究?]

起点から大坪交差点(徳島県道39号徳島鳴門線交点)までは東行き(起点方向)一方通行のため、終点方向への全線走破はできない(平行する市道を利用)。また、その大坪交差点は立体交差となっており、連絡路に入ると左折以外は禁止、また県道39号からは右折禁止である。

吉野川を渡る高瀬橋は、吉野川ではいくつか見られる欄干のない潜水橋のひとつである[2]。橋は普通車1 - 1.5台分強の道幅であり、橋上でのすれ違いは不可能である[2][注釈 1]。なお、橋の両側には待避スペースが用意されている。

制限速度編集

  • 起点 - 吉野川橋南詰 40 km/h(西行き)、50 km/h(東行き)
  • 吉野川橋南詰 - 六条大橋南詰 50 km/h
  • 六条大橋南詰 - 高瀬潜水橋南詰 60 km/h(法定速度)
  • 高瀬潜水橋 30 km/h
  • 高瀬潜水橋北詰 - 上板町瀬部 50 km/h
  • 上板町瀬部 - 終点 40 km/h

名称・愛称編集

  • 堤防の上

重複区間編集

道路施設編集

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

沿線にある施設など編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 橋の両側にある看板にも表示されている。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  2. ^ a b 佐々木・石野・伊藤 2015, p. 113.

参考文献編集

  • 佐々木節、石野哲也、伊藤もずく『絶景ドライブ100選[新装版]』松井謙介編、学研パブリッシング〈GAKKEN MOOK〉、2015年9月30日。ISBN 978-4-05-610907-8

関連項目編集