メインメニューを開く

徳島県道33号小松島佐那河内線

日本の徳島県の道路

徳島県道33号小松島佐那河内線(とくしまけんどう33ごう こまつしまさなごうちせん)は、小松島市名東郡佐那河内村を結ぶ県道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
徳島県道33号標識
徳島県道33号 小松島佐那河内線
主要地方道 小松島佐那河内線
地図
Tokushimaprefectural road 33 Komatsushima Sanagochi line Interval.JPG
本道の区間
路線延長 13.636 km
制定年 1982年
起点 小松島市横須町
徳島県道120号徳島小松島線交点【地図
主な
経由都市
徳島市
終点 名東郡佐那河内村下字高樋
国道438号交点【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
都道府県道17号標識
徳島県道17号小松島港線
Japanese National Route Sign 0055.svg 国道55号
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
都道府県道16号標識
徳島県道16号徳島上那賀線
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
都道府県道18号標識
徳島県道18号勝浦佐那河内線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

徳島市八多町から佐那河内村境までの区間は一部を除いて1.5車線程度の道幅となる。

徳島赤十字病院が東洋紡績小松島工場跡地に移転したことに伴い、小松島市の中心部を走る日の峰通りが、堀川町から北へ向かって中田町新開(徳島県道17号小松島港線の交点)までの区間において、徳島県道33号小松島佐那河内線に指定されている。

路線データ編集

歴史編集

  • 1923年04月27日 - 佐那河内小松島線として認定。[要出典]
  • 1959年01月31日 - 徳島県道の再編により佐那河内小松島線として再認定。[要出典]
  • 1972年03月10日 - 徳島県道214号佐那河内小松島線として再認定。[要出典]
  • 1982年12月14日 - 徳島県道33号小松島佐那河内線として認定。[要出典]
  • 1993年平成5年)5月11日 - 建設省から、県道小松島佐那河内線が小松島佐那河内線として主要地方道に指定される[1]

路線状況編集

重複区間編集

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

 
日の峰通り
小松島市小松島町字井利ノ口
 
徳島市八多町 - 佐那河内村境にある1.5車線程度の区間の一部
徳島市八多町字大久保

周辺編集

ギャラリー編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目編集