メインメニューを開く

徳島県道42号瀬戸撫養線

日本の徳島県の道路

徳島県道42号瀬戸撫養線(とくしまけんどう42ごう せとむやせん)は、徳島県鳴門市を通る県道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
徳島県道42号標識
徳島県道42号 瀬戸撫養線
主要地方道 瀬戸撫養線
路線延長 5.3km
制定年 1988年
起点 鳴門市瀬戸町明神字張【地図
終点 鳴門市撫養町大桑島字辷岩浜【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0011.svg 国道11号
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
都道府県道11号標識
徳島県道11号鳴門公園線
Japanese National Route Sign 0028.svg 国道28号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

下記沿革にもある通り、旧国道11号の降格区間(鳴門市瀬戸町吉野川バイパス起点 - 板野郡松茂町広島ランプ)のうち、国道28号と重複していなかった区間である。

路線データ編集

歴史編集

  • 1988年昭和63年)12月20日 - 国道11号線旧道の降格区間のうち、国道28号と重複していなかった区間が徳島県道222号瀬戸撫養線として認定。なお、現在222号は欠番となっている。[要出典]
  • 1993年平成5年)5月11日 - 建設省から、県道瀬戸撫養線が瀬戸撫養線として主要地方道に指定される[1]
  • 1994年(平成6年)4月1日 - 徳島県道42号瀬戸撫養線として認定。[要出典]

地理編集

通過する自治体編集

交差・接続する道路編集

ギャラリー編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目編集