メインメニューを開く

徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑

徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑』(とくがわおんなけいばつえまき うしざきのけい、英題:Shogun's Sadism)は、1976年公開の日本映画東映京都撮影所製作。R−18作品。併映『沖縄やくざ戦争』(主演:千葉真一、監督:中島貞夫)。

徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑
監督 牧口雄二
脚本 志村正浩
大津一郎
製作 本田達男
出演者 川谷拓三
内村レナ
汐路章
風戸佑介
音楽 渡辺岳夫
撮影 勝木勝夫
編集 玉木濬夫
配給 東映
公開 日本の旗 1976年9月4日
上映時間 80分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概説編集

この年日本でも大きな話題を呼んだ『スナッフ/SNUFF』を狙い、当時の東映社長・岡田茂が、牧口雄二に「牛裂き」をテーマに撮れと指示を出して製作された映画[1][2]。「残酷ショーを」という岡田社長の狙いに応えて[3]水責め、火責め、蛇責め、釜煮、鋸挽きとあらゆる残虐の極地を繰り広げる一大残酷絵巻を表現した[3]。牛裂き刑を扱った内村レナ主演の前半と、鋸引き刑を扱った川谷拓三主演の後半の2話オムニバス構成である。

評価編集

牧口の成人映画時代の作品であり、悪趣味なまでの猟奇エログロを全面に出しつつもただのグロ映画に終わらせなかったところに今でも支持者が多く、一部ではカルトになるほどの人気がある。日本ではしばらくの間、非ソフト化であった。しかし、2012年2月21日、東映より晴れてソフト化された。海外においては、日本よりも前にビデオ並びにDVDが出るほどの人気があり、最近ではBlu-rayも発売されている。

川谷拓三扮する捨蔵の残忍な鋸引き処刑シーンは、1978年NHK大河ドラマ黄金の日日』第21話「善住坊処刑」で、杉谷善住坊を演じる川谷が、本作と全く同じシチュエーションで処刑シーンを再現している[4]。江戸時代の鋸引きは処刑前の形式だけのもので誰も鋸を引くような通行人はおらず、本当に鋸を引こうとする通行人を止めるための見張りもいたとされるが、この映画はそのあたりの考証も正確であり、見張りが居眠りした隙に切れない鋸をごり押しして捨蔵の首を落とす通行人は酔った狂人(かつて足抜けを手引きしたリンチで捨蔵に男根を切られて発狂した男)である。

スタッフ編集

キャスト編集

製作経緯編集

撮影編集

最大の見せ場が牛裂きの刑。板の上に大の字にされた女囚の両足を綱で縛り、二頭の猛牛に身体を裂かせるもの[3]。板を斜めにすることで下半身をダミーにして撮影した[5]内村レナの体にホルモンを巻きつけたが、京都には当時屠殺場があり、小道具係が新鮮なホルモンを手に入れ特に臭くはなかった[5]。蛇責めのシーンでは蛇好きの女優を連れて来たため、青大将100匹の中に入れても大喜びで、苦悶する表情が撮れず、撮影が終わったら「いい顔している蛇がいるんですが、持って帰っていいですか?」と聞かれ、蛇屋さんに気付かれないよう三匹選んで嬉しそうに持って帰ったという[5]

脚注編集

  1. ^ 筒井武文、多田功『女獄門帖 引き裂かれた尼僧』、ワイズ出版、1996年、p49-50
  2. ^ 残酷描写とエロ、オンリー!! 今でも観れる超グロい日本映画、脅威の内容とは?残酷描写とエロ、オンリー!! 今でも観れる超グロい日本映画、脅威の内容とは?-p2
  3. ^ a b c 「新作グラビア」『キネマ旬報』1976年9月下旬号、 46−49頁。
  4. ^ 『大河ドラマと日本人』星亮一一坂太郎 イーストプレス 2015年, ISBN 978-4-7816-1365-9. 188-189頁。
  5. ^ a b c 「牧口雄二インタビュー(前編)」『映画秘宝』、洋泉社、2014年7月、 72-75頁。

関連項目編集

外部リンク編集