徳川 宗尹(とくがわ むねただ)は、江戸時代一橋徳川家御三卿の一つ)の初代当主。一橋宗尹とも名乗った。

 
徳川宗尹
Tokugawa Munetada.jpg
徳川宗尹像(個人蔵)
時代 江戸時代中期
生誕 享保6年7月16日1721年9月7日
死没 明和元年12月22日1765年1月13日[1]
改名 小五郎(幼名)→宗尹
戒名 覺了院殿冬巖性達大居士
官位 従三位参議、贈権中納言
幕府 江戸幕府
主君 徳川家重徳川家治
氏族 徳川氏一橋徳川家
父母 父:徳川吉宗、母:深心院
兄弟 家重宗武源三宗尹
正室:深達院一条兼香女)
松平重昌仙之助松平重富治済黒田治之鎌三郎金次郎保姫島津重豪正室)
テンプレートを表示

概要編集

江戸幕府8代将軍徳川吉宗の四男。母は側室深心院。11代将軍家斉は孫、12代将軍家慶は曾孫、13代将軍家定、14代将軍家茂は玄孫にあたる。

享保20年(1735年)、3万俵を賜り別家して一橋徳川家を創設した。順次加増され、延享3年(1746年)には10万石となった。明和元年(1764年)、44歳で死去した。跡を四男の治済が継いだ。

多趣味であり武芸を好み、中でも鷹狩りは割り当てられた回数では不足したため、兄の徳川宗武より割り当て枠を譲ってもらうほどであった。福岡藩黒田家の菩提寺、渋谷村広尾の祥雲寺に鷹狩りの際、立ち寄った記録が多数残る。

陶芸や染色もたしなみ、染手拭いを家臣に与えたり、手作りの菓子を父の吉宗や兄の家重に献上した。

経歴編集

※日付=旧暦

  • 1721年享保6年)7月15日 - 誕生。22日 - 松平小五郎と名付けられる[2]
  • 1735年享保20年)9月23日 - 元服して宗尹と名乗り、徳川姓を称する。従三位左近衛権中将兼刑部卿に叙任。3万俵を賜る。
  • 1737年元文2年)10月18日 - 2万俵の加増。
  • 1740年(元文5年)11月18日 - 江戸城一橋門内に邸を賜り、1万俵加増。
  • 1741年寛保元年)11月25日 - 一橋邸を定住とする。
  • 1745年延享2年)11月2日 - 参議に補任。
  • 1746年(延享3年)9月15日 - 10万石を賜る。
  • 1764年明和元年)12月22日 - 薨去。法名は覺了院殿冬巖性達大居士。
  • 1770年(明和7年)10月4日 - 贈権中納言

家臣編集

  • 久田萩之助(享保7年3月15日、伽役。後に用人)
  • 桜井久右衛門(享保11年8月3日、近習)
  • 筧新三郎(享保11年8月3日、近習)
  • 酒井重英(享保14年閏9月28日、守役)
  • 大久保忠位(享保14年閏9月28日、守役。後に御用掛)
  • 巨勢至信(享保20年閏3月26日、御座所所廻)

宗尹が登場する作品編集

脚注編集

  1. ^ 徳川宗尹』 - コトバンク
  2. ^ 武子裕美「御三卿の家臣団構造」2011年3月(『学習院史学49』学習院大学史学会)
徳川家斉の系譜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
16. 紀州藩2代藩主
徳川光貞
 
 
 
 
 
 
 
8. 江戸幕府8代将軍
徳川吉宗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
17. 浄円院
 
 
 
 
 
 
 
4. 一橋家初代当主
徳川宗尹
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
18. 谷口正次
 
 
 
 
 
 
 
9. 深心院
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
19. 服部越中守娘
 
 
 
 
 
 
 
2. 一橋家2代当主
徳川治済
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20. 平岡十左衛門
 
 
 
 
 
 
 
10. 細田時義
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5. 善修院
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
22. 笠井助之進
 
 
 
 
 
 
 
11. 笠井助之進娘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1. 江戸幕府11代将軍
徳川家斉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
24. 菅谷政友
 
 
 
 
 
 
 
12. 岩本正房
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6. 岩本正利
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
26. 板坂春意
 
 
 
 
 
 
 
13. 板坂春意娘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3. 慈徳院
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7. 梅田養女