徳川家綱

江戸幕府の4代将軍。徳川家光の長男。正二位、右近衛大将、内大臣・征夷大将軍・右大臣、贈正一位、太政大臣

徳川 家綱(とくがわ いえつな)は、江戸幕府の第4代将軍である(在職:慶安4年(1651年) - 延宝8年(1680年))。

 
徳川家綱
Tokugawa Ietsuna.jpg
徳川家綱像(伝狩野安信画、徳川記念財団蔵)
時代 江戸時代前期
生誕 寛永18年8月3日1641年9月7日
死没 延宝8年5月8日1680年6月4日[1]
改名 竹千代(幼名)
別名 岩船地蔵の申し子
左様せい様(渾名)
諡号 厳有院
戒名 厳有院殿贈正一位相国公
墓所 東叡山寛永寺
官位 従三位権大納言正二位右近衛大将
内大臣征夷大将軍右大臣
正一位太政大臣
幕府 江戸幕府4代征夷大将軍
(在任:慶安4年(1651年) - 延宝8年(1680年))
氏族 徳川将軍家
父母 父:徳川家光、母:お楽の方(宝樹院
兄弟 千代姫家綱亀松綱重綱吉鶴松
正室:浅宮顕子
側室:吉田兼起の娘・養春院
佐脇安清の娘・円明院
実子:1子(死産)[2]、娘(流産)[3]
養子:綱吉直姫徳川光友の娘)
テンプレートを表示

父は第3代将軍徳川家光、母は側室のお楽の方(宝樹院)で、竹千代の幼名を与えられ、世子とされた。

生涯編集

将軍就任編集

寛永18年(1641年)8月3日、第3代将軍・徳川家光の長男として江戸城本丸に生まれる。乳母矢島局三沢局

父の家光は、生まれた時から家綱を自らの後継ぎに決めていたという。その理由は、家光と弟の忠長との間で世継争いがあったためとも、ようやく生まれた待望の男児だったためともいわれている。

正保元年(1644年)12月、名を家綱と改め、正保2年(1645年)4月に元服する。慶安3年(1650年)9月に西の丸へ移る。

慶安4年(1651年)4月20日、家光が48歳で薨去すると、家綱は8月18日(10月2日)、江戸城において将軍宣下を受けて第4代征夷大将軍に就任し、内大臣に任じられた。幼年で将軍職に就いたことにより、将軍世襲制が磐石なものであることを全国に示した。

12月には本丸へ移る。この前例を受け、家綱以後(最後の慶喜を除く)の将軍宣下は京都ではなく、江戸で行われることとなる。

治世前半編集

将軍家を継承した時はわずか11歳だったため、家光死去の直後に浪人の由井正雪丸橋忠弥らによる討幕未遂事件(慶安の変)が起こるなどして政情不安に見舞われた[4][5]

しかし、叔父の保科正之や家光時代からの大老 / 酒井忠勝老中 / 松平信綱阿部忠秋酒井忠清寛永の遺老といわれる名臣、御側大目付 / 中根正盛らの補佐により、この危難を乗り越えた。このため、以後は29年間にわたる安定政権をみた[注釈 1]。また、後に父の乳母・春日局の孫稲葉正則や御側 / 久世広之土屋数直も幕閣に加わった。

家綱の時代には幕府機構の整備がさらに進められた。特に保科正之を主導者にして外様大名などに一定の配慮を行ない、末期養子の禁を緩和し、大名家臣から証人をとることの廃止や殉死禁止令が出されるなど、これまでの武力に頼った武断政治から文治政治への政策切り替えが行われた。

万治2年(1659年)4月には左大臣に任じられるのを辞退している。寛文4年(1664年)には1万石以上の大名に対する領知朱印状を、翌寛文5年(1665年)には公家や寺社を対象とした領知目録を交付している(寛文印知)。

治世後半編集

寛永の遺老と呼ばれた面々は、寛文年間に入ると相次いで死去したり、老齢で表舞台から隠退するなどした。このため、彼らに代わって寛文6年(1666年)には酒井忠清が大老に就任し、治世後半の寛文・延宝期には忠清の主導の下、老中合議制と家綱自身の上意により幕政が運営された。治世後半には家光期に起こった寛永の大飢饉の反省から飢饉対策として農政に重点が置かれ、宗門改の徹底と全国への宗門人別改帳の作成命令や諸国巡見使の派遣、諸国山川掟の制定、河村瑞賢に命じて東廻海運西廻海運を開拓させるなど全国的な流通・経済政策が展開され、『本朝通鑑』編纂などの文化事業も行われた。また、家綱期には幕府職制の整備が完成され、幕朝関係も安定し、対外的には蝦夷地でのシャクシャイン蜂起や、イングランドリターン号による通商再開要求、鄭氏政権による援兵要請などが起こっているが、家光期以来の鎖国政策が堅持された。この時期には伊達騒動越後騒動など大名家のお家騒動も発生している。

側室のお振お満流は家綱の子を懐妊したが、死産または流産であった。加えて家綱自身は生まれつき体が弱く病弱で、30半ばに至っても男子がなかったため将軍継嗣問題が憂慮されていたが、延宝8年(1680年)5月初旬に病に倒れ、危篤状態に陥った家綱は、堀田正俊の勧めを受けて末弟の館林藩主松平綱吉を養子に迎えて将軍後嗣とし、直後の5月8日に死去した。享年40。死因は未詳だが、急性の病気(心臓発作など)と言われている[6]。家綱の死により、徳川将軍家の直系の子が将軍職を世襲する形は崩れた。

家綱の危篤に際して、酒井忠清は鎌倉時代に将軍源実朝の死後に宮将軍を迎えた例にならい、越前松平家と縁のある有栖川宮家から幸仁親王を将軍に迎えようとしたが[注釈 2]、正俊の反対にあって実現しなかったとする宮将軍擁立説があるが、近年では酒井忠清が宮将軍擁立に動いたことを否定する説もある[7]

財政編集

家光は500万両残したが、明暦の大火で焼失した本丸の再建費用だけでも100万両、金銀の産出量の低下と貿易による海外流出で1661年には358万両、家綱が死んだときには100万両も残っていなかった。年々10万両ずつ減っていたが当時の幕閣たちは財政に無頓着で何も手を打たなかった。

人物・逸話編集

  • 嵐寛寿郎の映画である『文武太平記』に拠れば、家綱は温厚な人柄で絵画や魚釣りなど趣味を好み、政務を酒井忠清をはじめ老中らに任せ自らは「左様せい」で決裁していたことから「左様せい様」という異名が付けられたという。この逸話は家綱自身が幕政指導者としての指導力を発揮できず忠清の専制を示すものとしても引用されているが、辻達也福田千鶴らは幕政の意思決定における将軍上意の重要性を指摘している。ただし、一般的な殿様は決裁の際言うべき言葉は「そうせい」「考え直せ」「もってのほかじゃ」の三つしか言わないように教育されており、他の殿様にしてもあだ名がそうせい公や、よかろう公などのエピソードが多々あり、基本的に主導権を積極的にとる殿様は少なく、むしろそういった殿様ではないように教育をするのが普通である。(だから三つしか決済の時にいわない)
  • 家綱が元服するまでは保科正之ら家光時代の遺産ともいうべき人材に恵まれていたのが安定した時代を築ける幸運でもあった。『徳川名君名臣言行録』では「吾、幼年なりといえども、先業を承け継ぎ、大位に居れり」とある。
  • 新井白石著の『白石手簡』では、家綱は中国の時代の政治書である『貞観政要』を好み、幕政運営の参考にしたという。
  • 『武野燭談』に拠れば、家綱の将軍就任から間もない幼少期のことだが、江戸城天守閣へ登った際に近習の者が遠眼鏡を勧めたが「自分は少年ながら将軍である。もし将軍が天守から遠眼鏡で四方を見下ろしていると知れたら、恐らく世人は嫌な思いをするに違いない」と遠眼鏡を手に取らなかったという。
  • 遠島となった罪人の話を聞き、家綱は「彼らは何を食べているのだろう」と近臣の者に尋ねたが誰も答えられず、それに対し家綱は「命を助けて流罪にしたのに何故、食料を与えないのか」と言った。それを聞いた父の家光は喜び、「これを竹千代(家綱)の仕置きはじめにせよ」と家臣に命じ、流人に食料を与えるようになったという。
  • 家綱が食事していたとき、汁物を飲もうとしたところ髪の毛が入っていた。家綱は平然とその髪の毛を箸で摘まんで取り除いたが、小姓が慌てて新しい物と交換しようとした。家綱はその小姓に「その汁は途中で捨て、椀を空にして下げるように」といった。これは椀を空にすることにより普段のおかわりと同じ様に扱えということで、咎められる者が出ないようにと家綱が配慮したのであった。
  • 明暦の大火で焼失被害にあった江戸市中の武家屋敷、神社仏閣などに資金援助し、復興に助力したという。
  • 明暦の大火を教訓に、両国橋を架設した。また、両国橋のたもとに「火除地」を設けた。
    • また、橋のたもとに建造物を建設することを禁じた。ただし、すぐに取り壊せることを条件に、建設を一部許可した。「すぐに壊せる」という条件から、さかんに土俵が作られた。これが発端となり、両国は相撲の街として知られるようになった。
  • 前述の通り、殉死を禁じた家綱だが、家綱が亡くなったと聞いた元下総佐倉藩主の堀田正信は自害した。正信は家綱の命令で改易にされていたが、正信の父の堀田正盛もまた、家綱の父である徳川家光に殉死した人物である。

官歴編集

日付 旧暦

肖像画編集

2012年、徳川記念財団所蔵が所蔵している歴代将軍の肖像画紙形(下絵)が公開された[8][9]。家綱像(白描本)も含まれており父・家光に似て描かれている。

偏諱を受けた人物編集

徳川家綱が登場する作品編集

映画
テレビドラマ
漫画

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ しかし、政治的には安定したものの、家綱の治世後半になると経済の窮乏や百姓一揆の増加などを招いた。
  2. ^ 有栖川宮の祖である好仁親王が徳川家康の曾孫にあたる寧子越前松平家出身)を妃としていたからとされる。ただし、好仁親王・寧子と幸仁親王には直接の血縁関係はない。
  3. ^ 1983年版では綱吉を演じた。

出典編集

  1. ^ 徳川家綱』 - コトバンク
  2. ^ 性別不明、母は養春院。
  3. ^ 母は円明院、延宝6年(1678年) - 延宝6年(1678年)。
  4. ^ 中根正盛 江戸時代前期の幕府のCIA長官で、“密事”を嗅ぎ出し、探索 /『歴史くらぶ』
  5. ^ 第4回 綱吉は練馬に御殿を持っていた〜その4 / ニュースサービス日経 江古田
  6. ^ 篠田達明『徳川将軍家十五代のカルテ』(新潮新書、2005年5月)ISBN 978-4106101199。また、『謎解き!江戸のススメ』(BS-TBS2015年3月2日放送)でも紹介された。
  7. ^ 福田千鶴『酒井忠清』(吉川弘文館、2000年)
  8. ^ 将軍の肖像画、下絵はリアル 徳川宗家に伝来、研究進む:朝日新聞2012年8月8日
  9. ^ 鶴は千年、亀は萬年。 2012年8月8日付

外部リンク編集


徳川家綱の系譜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
16. 松平広忠
 
 
 
 
 
 
 
8. 徳川家康
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
17. 於大
 
 
 
 
 
 
 
4. 徳川秀忠
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
18. 戸塚忠春
 
 
 
 
 
 
 
9. 西郷局
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
19. 西郷正勝
 
 
 
 
 
 
 
2. 徳川家光
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20. 浅井久政
 
 
 
 
 
 
 
10. 浅井長政
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
21. 小野殿
 
 
 
 
 
 
 
5. 小督
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
22. 織田信秀
 
 
 
 
 
 
 
11. 於市
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
23. 土田御前
 
 
 
 
 
 
 
1. 江戸幕府4代将軍
徳川家綱
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6. 青木利長
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3. 於楽
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7. 増山氏