メインメニューを開く

徳川 治国(とくがわ はるくに)は、江戸時代一橋徳川家の世子。江戸幕府第11代将軍徳川家斉の最年長の弟。

 
徳川 治国
時代 江戸時代後期
生誕 安永5年5月11日1776年6月26日
死没 寛政5年4月8日1793年5月17日
改名 力之助(幼名)→徳川治国
戒名 敬宗院
官位 刑部卿、従三位左近衛権中将
幕府 江戸幕府
氏族 徳川氏御三卿一橋徳川家
父母 父:徳川治済、母:於富(慈徳院)
兄弟 家斉治国黒田斉隆雄之助斉匡斉敦松平義居久之助本之丞
正室:二条治孝の娘・隆子(乗蓮院)
斉朝

安永5年(1776年)5月11日、徳川治済の次男として誕生した。幼名は力之助。天明元年(1781年)5月、兄の豊千代(のち徳川家斉)が第10代将軍徳川家治の嗣子となったため、同年7月18日、一橋徳川家の世子となる。

天明6年(1786年5月15日元服し、父と同じく将軍・家治から偏諱を受けて治国(旧字体:治國)と名乗り、刑部卿に任じられる。

翌天明7年(1787年3月9日には従三位左近衛権中将に叙される。同年には兄の家斉が将軍となっている。寛政3年(1791年12月15日左大臣二条治孝の娘・隆子を正室とした。しかし寛政5年(1793年)4月8日に、わずか18歳で死去した。法号は敬宗院。

亡くなった当時も一橋家の当主は父・治済が務めていたため、この跡を継ぐことなく没している。代わって、弟の斉敦が一橋徳川家の世子となった。

治国の没後に妻・隆子が生んだ長男・斉朝は、後に尾張藩主となった。