徳川 綱教(とくがわ つなのり)は、紀州藩の第3代藩主

 
徳川綱教
時代 江戸時代前期
生誕 寛文5年8月26日1665年10月4日
死没 宝永2年5月18日1705年7月8日
改名 長光丸→長福丸(幼名)→綱教
戒名 高林院殿三品前黄門雲峯浄空大居士
墓所 慶徳山長保寺
官位 従四位下常陸介従三位左近衛権中将参議権中納言、贈従二位権大納言
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉
紀伊国紀州藩
氏族 紀州徳川家
父母 父:徳川光貞、母:瑞応院
兄弟 綱教次郎吉頼職吉宗、栄姫(上杉綱憲正室)、光姫(一条冬経室)、育姫(佐竹義苗正室)、綱姫
正室:徳川綱吉の長女・鶴姫
養子:頼職

目次

生涯編集

寛文5年(1665年)8月26日、第2代主・徳川光貞の長男として生まれる。幼名長光丸。寛文10年(1670年)1月7日、幼名を長福丸と改める。

元禄11年(1698年)、光貞が隠居すると家督を継ぐ。倹約を行い、藩の財政を建て直そうとしたが、宝永2年(1705年)5月18日に志半ばで薨去した。享年41(満39歳没)。子がなく、跡を継いだ弟・頼職も同年のうちに26歳で卒去し、第5代藩主に就任した吉宗が再び倹約を実行する。

綱教は第5代将軍徳川綱吉の娘婿として将軍家世継ぎと目されたが、綱吉より早く亡くなったため、綱吉はやむなく甥の綱豊(徳川家宣)を後嗣にしたという説がある。

紀州藩主としての治世は7年1か月であり、この間の江戸参府3回、紀州帰国4回、紀州在国の通算は2年7か月であった[1]

官歴編集

※日付=旧暦

脚注編集

  1. ^ 小山誉城「紀州徳川家の参勤交代」2011年(『徳川将軍家と紀伊徳川家』精文堂出版)

演じた俳優編集