メインメニューを開く
本来の表記は「德川義禮」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

徳川 義礼(とくがわ よしあきら、文久3年9月19日1863年10月31日) - 明治41年(1908年5月17日)は、明治時代侯爵貴族院議員。尾張徳川家第18代当主。正字体では德川 義禮

讃岐高松藩松平頼聰の次男。幼名は晨若。明治9年(1876年5月9日、最後の尾張藩徳川慶勝の養子となり、明治13年(1880年9月27日に家督を相続する。明治17年(1884年)7月、華族令制定にともない侯爵となる。同年9月からイギリスに留学、明治20年(1887年)10月に帰国する。留学によりキリスト教に惹かれるようになったようである。

明治23年(1890年)10月、貴族院議員となる。明治24年(1891年)、芸妓に入れ込むようになったとされる義礼の不品行をめぐり、旧尾張藩士らが養子縁組解消を要求し、大きな騒動となったが、徳川家達ら徳川一門の仲裁によって取り静められる。神奈川県中郡大磯町の別荘跡地は、現在は大磯町立大磯中学校となっている。

正妻は慶勝の四女・登代姫(離婚)。後妻は慶勝の七女・良子。

明治41年(1908年)に徳川義親松平春嶽の五男)を長女・米子の婿養子とし、同年に義礼が死去すると義親が家督を相続した。

栄典編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
  2. ^ 『官報』第1943号「叙任及辞令」1889年12月18日。
  3. ^ 『官報』第4198号「叙任及辞令」1897年7月1日。
  4. ^ 『官報』第7272号「叙任及辞令」1907年9月23日。


日本の爵位
先代:
叙爵
侯爵
(尾張)徳川家初代
1884年 - 1908年
次代:
徳川義親