メインメニューを開く

徳江 京子(とくえ きょうこ、1935年 - )は日本の元フィギュアスケート選手。ローラースケート選手。専修大学卒。兄はフィギュアスケート選手の徳江洋。

経歴編集

満州新京生れ。スケートは家の庭でリンクを作り練習した。戦後の昭和21年10月に満州より引き揚げてきた。一家は栃木県日光市に住む[1][2]

フィギュアスケート競技では、小学生6年の12歳のとき1947年の第15回全日本選手権兼第1回国体に宮城県代表で出場し、3位となる[3]

1954年(昭和29年)、ローラースケート競技に転向する。1956年の第4回の全日本フィギュア選手権大会から5年連続で1位となる[4]。1956年の全日本選手権では、女子1名の参加であったが、総得点は男子1位を上回った。1959年には、ベルリンで行われた世界ローラースケートフィギュア選手権大会に日本代表として出場し、21人中20位となる。1960年(昭和35年)引退[5]

主な戦績編集

  • フィギュア競技
大会/年 1946-47 1947-48 1948-49 1949-50 1950-51 1951-52 1952-53
国民体育大会 3 3 3
全日本選手権 3
  • ローラーフィギュア競技
大会/年 1954 1955 1956 1957 1958 1959 1960
世界選手権 20
全日本選手権 2 1 1 1 1 1

脚注編集

  1. ^ 創始五十年の歩み 日本ローラースケート連盟 平成13年1月 p. 54
  2. ^ 「すい星のように出現 氷上の徳江三兄妹」『日刊スポーツ』 昭和25年2月8日 4面
  3. ^ 日本スケート連盟フィギュア歴代記録女子シングル Archived 2014年2月19日, at the Wayback Machine.
  4. ^ 全日本ローラースケートフィギュア選手権大会
  5. ^ 創始五十年の歩み 日本ローラースケート連盟 平成13年1月 p. 54

関連項目編集