メインメニューを開く

徳田 二次郎(とくだ にじろう、1895年6月10日 - 2006年6月12日)は、2005年7月から2006年に他界するまでのほぼ1年間、男性の長寿日本一であった人物。旧電電公社(現・NTT西日本)の元社員。

人物編集

鹿児島県川辺郡川辺町(現南九州市)出身。趣味はカメラ。健康の秘訣は「のん気」・悩み事をためない事。

1914年、旧電電公社に入社。大阪で働く。退職後は鹿児島県川辺郡川辺町に帰郷した。

2001年鹿児島市内のケアハウスに入所。

2005年7月3日広島県東広島市重高小八が110歳で死去したのに伴い、男性長寿日本一になった。

2006年に入り体調を崩し、4月初めから鹿児島市内の病院に入院[1]。6月10日に111回目の誕生日を迎えたが、6月12日午後10時25分に老衰のため病院で111歳で死去。

彼の死去に伴い、国内最高齢は宮崎県都城市田鍋友時となった(厚生労働省、2006年6月13日発表)。

出典編集

関連項目編集