メインメニューを開く

徳舜瞥山(とくしゅんべつやま)は、北海道伊達市大滝区にある標高1,309 mの火山である。すぐ隣のホロホロ山と双耳峰を成している。北海道百名山および北海道の百名山に選定されている。

徳舜瞥山
Mt TOKUSYUNBETSU.JPG
大滝区優徳から望む徳舜瞥山
標高 1,309 m
所在地 日本の旗 日本
北海道伊達市大滝区
位置 北緯42度38分03秒
東経141度07分53秒
座標: 北緯42度38分03秒 東経141度07分53秒
山系 ホロホロ・徳舜瞥火山[1]
種類 成層火山
徳舜瞥山の位置(北海道南部内)
徳舜瞥山
徳舜瞥山
徳舜瞥山 (北海道南部)
徳舜瞥山の位置(北海道内)
徳舜瞥山
徳舜瞥山
徳舜瞥山 (北海道)
徳舜瞥山の位置(日本内)
徳舜瞥山
徳舜瞥山
徳舜瞥山 (日本)
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
ホロホロ山より望む徳舜瞥山

昭和46年まで日鉄鉱業徳舜瞥鉱山が存在した。

名称の由来編集

アイヌ語で「アメマス・いる・川」を意味する「トゥクシスンペッ(tukusis-un-pet )[2]」に由来する[3]。現在の徳舜別川上流域にアメマスが多かったことによる名であり、所在地の伊達市大滝区の前身にあたる大滝村の旧名でもあった。

近隣の山編集

 
山頂より遠望する羊蹄山(奥)と尻別岳(手前)

参考文献編集

  • 梅沢俊、伊藤健次『新版 北海道百名山』山と渓谷社、2006年
  • 梅沢俊、菅原靖彦『北海道夏山ガイド1 道央の山々』北海道新聞社、1993年

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 日本の火山の位置(ホロホロ・徳舜瞥火山)
  2. ^ カタカナ表記は連音化し「トゥクシスンペッ」となることもある。
  3. ^ アイヌ語地名リスト ツキサ~トヨコ P81-90P”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2018年1月6日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集