メインメニューを開く

心地よく秘密めいた場所

心地よく秘密めいた場所』(ここちよくひみつめいたばしょ、A Fine and Private Place )は、1971年に発表されたエラリー・クイーンの長編推理小説

心地よく秘密めいた場所
A Fine and Private Place
著者 エラリー・クイーン
発行日 1971年
ジャンル 推理小説
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
次作 間違いの悲劇
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

エラリー・クイーン(作者と同名の主人公)を探偵役とする一連の作品の中で最後の物語である[1]

あらすじ編集

インポーチュナ産業の経理担当重役のウォレス・ホワイトは、社長ニーノから公金横領を不問にするかわりに、娘バージニアとの結婚を要求され、やむなく承諾する。

そのうえ、結婚から5年すぎるまで、バージニアはニーノが所有する財産に対して財産権を持たず、ニーノが死亡した場合の寡婦産も要求しないことを付随条件で出され、これも受け入れる。

そして月日は流れ、結婚後5年になろうとするとき、ニーノの末弟ジュリオの死体が発見され、ジュリオの兄でニーノにとって次弟であるマルコが疑われる。

9だらけの事件の謎にエラリー・クイーンが挑戦する。

主な登場人物編集

  • ニーノ・インポーチュナ - 企業家。数字の9をラッキーナンバーとして縁起を担ぐ。
  • ウォレス・ホワイト - インポーチュナ産業の経理担当重役。会社の金を横領している。
  • バージニア - ウォレスの娘。
  • ピーター・エニス - ニーノの秘書の青年。
  • マルコ・インポーチュナ - ニーノの次弟。
  • ジュリオ・インポーチュナ - ニーノの末弟。
  • エラリー・クイーン - 名探偵の推理小説家。

提示される謎編集

  • 見立て殺人(出産)

作品の評価編集

  • エラリー・クイーン・ファンクラブ[2]会員40名の採点による「クイーン長編ランキング」では、本作品は37位となっている[3]

日本語訳書編集

脚注編集

  1. ^ シノプシスのみの『間違いの悲劇』(The Tragedy of Errors 。同題の短編集に収録。)がクイーン没後の1999年に出版されたが、当該作の長編としての小説化は2015年現在なされていない。
  2. ^ 1980年創立の日本国内のファンクラブ、2012年時点で会員は150名。http://www006.upp.so-net.ne.jp/eqfc/
  3. ^ 『エラリー・クイーン Perfect Guide』(ぶんか社、2004年)。