心房粗動(しんぼうそどう)とは、不整脈のひとつ[1]

症状編集

病理編集

  • 心房粗動では多くの場合、右心房側の三尖弁輪上で、電気信号が回りつづけている状態となっている[2]

診断編集

  • 心電図
    • 典型例では12誘導心電図上Ⅱ,Ⅲ,aVFで鋸歯様波形(F波)を認める。

治療編集

脚注編集

[脚注の使い方]