メインメニューを開く

心斎橋筋

大阪府大阪市中央区の町名
日本 > 近畿地方 > 大阪府 > 大阪市 > 中央区 > 心斎橋筋

心斎橋筋(しんさいばしすじ)は、大阪府大阪市中央区町名。または船場島之内を南北に縦断する道路。現行行政地名は心斎橋筋一丁目及び心斎橋筋二丁目。

心斎橋筋
心斎橋筋商店街
心斎橋筋の位置(大阪市内)
心斎橋筋
心斎橋筋
心斎橋筋の位置
心斎橋筋の位置(大阪府内)
心斎橋筋
心斎橋筋
心斎橋筋の位置
北緯34度40分20.78秒 東経135度30分3.03秒 / 北緯34.6724389度 東経135.5008417度 / 34.6724389; 135.5008417
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Osaka Prefecture.svg 大阪府
市町村 Flag of Osaka, Osaka.svg 大阪市
中央区
面積
 • 合計 0.118346126km2
人口
2019年(平成31年)3月31日現在)[2]
 • 合計 115人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
542-0085[3]
市外局番 06(大阪MA[4]
ナンバープレート なにわ

地理編集

町名としての心斎橋筋は島之内側のみで、現在の町域はおおむね御堂筋の東側・長堀通の南側・畳屋町筋の西側・道頓堀川の北側にあたる(一部は宗右衛門町)。周防町筋以北が1丁目、以南が2丁目となる。1丁目に大丸心斎橋店がある。

歴史編集

江戸時代は長堀川(現在は埋立。長堀通)沿いに長堀心斎町・長堀10丁目、鰻谷南通沿いに高間町・尾上町、大宝寺通沿いに南紺屋町・錺屋町、清水町筋沿いに岩田町・柳町、道頓堀川北岸に道頓堀宗右衛門町・道頓堀久左衛門町が東西方向の町割で、心斎橋筋沿いに木挽町北之丁・木挽町中之丁・木挽町南之丁・菊屋町が南北方向の町割となっていた。

1872年(明治5年)に心斎橋筋1~2丁目の町名が心斎橋筋沿いに誕生し、1989年平成元年)に現在の町域となった。

心斎橋筋(道路)編集

 
せんば心斎橋筋商店街

御堂筋のひとつ東側の筋。長堀川に架かっていた心斎橋に由来する。

区間は淀屋橋駅付近の土佐堀通との交点から道頓堀川に架かる戎橋までの約2.5kmgoogle マップ)で、戎橋以南は南海難波駅に至る戎橋筋に接続する。長堀通以北の船場では南行き一方通行となる。長堀通以南の島之内では大阪ミナミの南北基軸となるため人通りが多い。

船場では南本町通 - 順慶町通間がせんば心斎橋筋商店街、順慶町通 - 長堀通間が心斎橋筋北商店街、島之内では心斎橋筋商店街と、南本町通以南の約1.5kmはアーケード商店街となっている。せんば心斎橋筋商店街は10時から18時まで、心斎橋筋北商店街は9時から翌1時まで、心斎橋筋商店街は終日、車両通行禁止となる。

世帯数と人口編集

2019年(平成31年)3月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

町丁 世帯数 人口
心斎橋筋一丁目 32世帯 59人
心斎橋筋二丁目 33世帯 56人
65世帯 115人

人口の変遷編集

国勢調査による人口の推移。

1995年(平成7年) 317人 [5]
2000年(平成12年) 286人 [6]
2005年(平成17年) 141人 [7]
2010年(平成22年) 156人 [8]
2015年(平成27年) 111人 [9]

世帯数の変遷編集

国勢調査による世帯数の推移。

1995年(平成7年) 149世帯 [5]
2000年(平成12年) 145世帯 [6]
2005年(平成17年) 69世帯 [7]
2010年(平成22年) 86世帯 [8]
2015年(平成27年) 65世帯 [9]

施設編集

交通編集

その他編集

日本郵便編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 大阪府大阪市中央区の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2019年10月4日閲覧。
  2. ^ a b 住民基本台帳人口・外国人人口” (日本語). 大阪市 (2019年7月26日). 2019年10月4日閲覧。
  3. ^ a b 心斎橋筋の郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年6月24日閲覧。
  5. ^ a b 平成7年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年3月28日). 2019年8月16日閲覧。
  6. ^ a b 平成12年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年5月30日). 2019年8月16日閲覧。
  7. ^ a b 平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年6月27日). 2019年8月16日閲覧。
  8. ^ a b 平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2012年1月20日). 2019年8月16日閲覧。
  9. ^ a b 平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2017年1月27日). 2019年8月16日閲覧。
  10. ^ 郵便番号簿 2018年度版 (PDF)” (日本語). 日本郵便. 2019年6月10日閲覧。

外部リンク編集