メインメニューを開く

必殺始末人

必殺始末人』(ひっさつしまつにん)は、1997年から1998年にかけて製作された、劇場映画およびオリジナルビデオ作品のシリーズである。

必殺始末人
監督 石原興
脚本 鈴木生朗
製作 櫻井洋三
鍋島壽夫
出演者 田原俊彦
南野陽子
俊藤光利
樹木希林
音楽 平尾昌晃
主題歌 石川さゆり「恋路 -たび-」
撮影 藤原三郎
編集 園井弘一
配給 松竹
公開 日本の旗 1997年3月1日
上映時間 88分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

目次

概要編集

必殺シリーズ」としては、中村主水藤田まこと)の一旦の最終作となった『必殺! 主水死す』から9か月後、それまでのテレビシリーズや劇場映画とは一線を画す形で本作が製作された。監督は、一貫してシリーズのメインカメラマン(撮影技師)を務め、テレビシリーズやスペシャル版の演出も経験した石原興が、初めて劇場用映画のメガホンを取ることとなった。

第1作は、当時の松竹が計画していた、味のある特徴的な作品を夜間に随時上映する「サテライトシアター」システムの定着を図る目的の協力作品として、固定ファンを掴んでいる「必殺シリーズ」に白羽の矢が立てられた。しかし、「サテライトシアター」は松竹の経営合理化や、同劇場のある「鎌倉シネマワールド」の閉鎖により、以降の展開は行われていない。

第2作『乱れ咲く女役者の夢舞台』、第3作『地獄に散った花びら二枚』は、オリジナルビデオ作品として製作された。また、映像作品に連動し、漫画版が『月刊サスペリア』(秋田書店、現在は休刊)に前後編で連載された(1997年11月号、12月号)。

あらすじ編集

上方でその名を馳せ、江戸へ流れ着いた浪人・山村只次郎は、過去の剣客としての腕を北町奉行所与力・白鳥右京に見込まれ、偽りの処刑を施される。こうして只次郎は、かもめ、リュウとともに「お上が裁けぬ悪を裁く」始末人として生まれ変わるが、私利私欲に走った白鳥に反旗を翻し、牢内の囚人への差し入れを業務とする「地蔵屋」の女将・おとらを元締めとした、新生・始末人として裏稼業を開始する。

キャスト編集

始末人編集

ゲスト編集

第1作
乱れ咲く女役者の夢舞台
地獄に散った花びら二枚

スタッフ編集

  • 製作 - 櫻井洋三(松竹京都映画)・鍋島壽夫(衛星劇場)
  • プロデューサー - 佐々木勇
  • プリデューサー補 - 片岡公生
  • 脚本 - 鈴木生朗(第1作)、大津一瑯、綾部伴子
  • 音楽 - 平尾昌晃
  • 撮影 - 藤原三郎
  • 照明 - 中島利男
  • 美術 - 原田哲男
  • 録音 - 広瀬浩一
  • 編集 - 園井弘一
  • 調音 - 鈴木信一
  • 助監督 - 酒井信行
  • 記録 - 野崎やえこ
  • 装飾 - 中込秀志
  • 製作主任 - 高坂光幸
  • 監督 - 石原興(第1作)、松島哲也

主題歌編集

脚注編集

  1. ^ 後に同社の演歌部門廃止により、以降はテイチクエンタテインメント・テイチクレコードから発売。

外部リンク編集