メインメニューを開く

忌寸(いみき)は、684年天武天皇13年)に制定された八色の姓で新たに作られた(かばね)で、上から4番目。国造氏族である大倭氏・凡川内氏や、渡来人系の氏族である東漢氏秦氏など、元(あたえ)姓などの11の「連」姓氏族が選ばれて、賜姓されている[1]。その後、主として秦氏・漢氏の系譜を引く氏族に授与され、渡来系氏族に多い姓となっていった。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本書紀』天武天皇14年6月20日条

参考文献編集

関連項目編集