忍ぶ川』(しのぶかわ)は、三浦哲郎小説、またそれを原作とした映画、ドラマ化作品である。小説は『新潮1960年10月号に掲載、同年に第44回芥川賞を受賞した。

三浦自身の私小説ともいわれ[1]私大苦学生の「私」は、東京深川料亭「忍ぶ川」で働く不幸な生い立ちの志乃と知り合い、「私」の郷里青森県八戸で結婚、初夜を迎えるまでの過程を叙情的に描く[1]

映画編集

映画『忍ぶ川』は1972年5月25日公開[2]俳優座作品。東宝配給。モノクロ・スタンダード作品。併映は『白鳥の歌なんか聞こえない』(原作:庄司薫、監督:渡辺邦彦、主演:岡田裕介)。

キャスト編集

スタッフ編集

製作編集

三浦哲郎の原作が発表された1960年東宝が映画化権を獲得[1]。当時熊井啓日活助監督だったが、映画化しようと脚本を書き上げた[1]。また松竹前田陽一も三浦と早大時代の友人で、岩下志麻を主役に映画化を目論んだが、松竹に蹴られた[1]。そこで前田は熊井に話を持ち掛け[1]、熊井を三浦に紹介[1]、三浦から「僕が諦めない限り他の誰にも映画化権を渡さない」という約束を取り付けた[1]。そこへ吉永小百合事務所が企画、映画化権の取り合いになった[1]

熊井は構想段階では吉永小百合を主演に予定していたが[3]、劇中のシーンの問題などから吉永の親族と軋轢を起こし[4]、結局吉永の主演が実現しなかったばかりか、後に吉永の母の手記で名指しされ痛烈に批判されるなど、しこりが残った。映画の実現まで10年以上を要したため、幻の企画と呼ばれた[1]

撮影編集

当時としては珍しい一年がかりの撮影[1]。原作の八戸を始め、日本各地をロケハンし、初夜シーンの撮影は山形県米沢市に最終決定した[1]。1971年2月15日に当地でクランクインを予定していたが、熊井が深酒で胃を壊し喀血[1]。病院に担ぎ込まれたが危険な状態で、録音の太田六敏らが輸血を買って出て一命を取りとめた[1]。このため熊井の療養が夏までかかり、1971年7月9日、改めて夏のシーンからクランクインした[1]。1972年2月14日からは冬の米沢ロケ。この年の米沢は70年ぶりの暖冬といわれ、例年なら軒先まで積もる雪が少なめで30センチ程度。初夜シーンの撮影は当地の李山(すももやま)の築150年の農家で行われた[1]。撮影を前に熊井は「はやりのポルノ映画ではなく、これは日本の伝統的な儀式であり、二人の生への復活でもある」と説明した[1]。また栗原小巻は「この作品を大女優への踏み台にしたい。本当は心配なんですけど、しょうがありませんわ。女優ですもんね。全裸シーンだけに関心を持たれると困るんですけど、スタンドインにはお世話にならないつもりです」と意を決した[1]

米沢ロケは栗原と加藤剛、栗原の姉役の山口果林が参加したが[1]、山口がちょうどNHK朝ドラ繭子ひとり』のヒロインを務めていたため、建立300年という普門寺での法要シーンの撮影では、栗原以上にファンからのサイン責めに遭い、悲鳴を上げた[1]

作品の評価編集

最終的にヒロイン志乃を演じた栗原小巻はその容姿、演技力と、大女優には珍しいヌード・シーンが評判となり、この映画は『栗原の代表作の一つ』となっている[5]。なおキネマ旬報の最優秀女優賞では、僅差で栗原小巻が伊佐山ひろ子に敗れ、これも映画界で大いに話題になった。


テレビドラマ編集

東芝日曜劇場
『忍ぶ川』
ジャンル テレビドラマ
原作 三浦哲郎
脚本 八住利雄
出演者 大空眞弓山本勝ほか
国・地域   日本
言語 日本語
製作
プロデューサー 石井ふく子
製作 TBS
放送
放送チャンネルTBSテレビ
映像形式4:3
音声形式モノラル
放送国・地域  日本
放送時間日曜日21:30 - 22:26
放送枠東芝日曜劇場
放送分56分
回数全3回
忍ぶ川
放送チャンネルTBSテレビ
映像形式4:3
音声形式モノラル
放送国・地域  日本
放送期間1961年1月22日
放送時間日曜日21:30- 22:26
放送分56分
続・忍ぶ川
放送チャンネルTBSテレビ
映像形式4:3
音声形式モノラル
放送国・地域  日本
放送期間1962年1月21日
放送時間日曜日21:30 - 22:26
放送分56分
忍ぶ川 その三
放送チャンネルTBSテレビ
映像形式4:3
音声形式モノラル
放送国・地域  日本
放送期間1963年1月20日
放送時間日曜日21:30 - 22:26
放送分56分
テンプレートを表示

1961年版編集

1961年1月22日TBS東芝日曜劇場」枠にて放送された。

キャスト編集

スタッフ編集

1962年版編集

1962年1月21日に『続・忍ぶ川』のタイトルで、TBS東芝日曜劇場」枠にて放送された。

キャスト編集

スタッフ編集

  • プロデューサー - 石井ふく子
  • 脚本 - 八住利雄
  • 制作 - TBS

1963年版編集

1963年1月20日に『忍ぶ川 その三』のタイトルで、TBS東芝日曜劇場」枠にて放送された。

キャスト編集

スタッフ編集

  • プロデューサー - 石井ふく子
  • 制作 - TBS

1975年版編集

1975年7月7日 - 8月29日TBS花王 愛の劇場」枠にて放送された。

キャスト編集

スタッフ編集

TBS 花王 愛の劇場
前番組 番組名 次番組
赤い殺意
(1975.5.6 - 1975.7.4)
忍ぶ川
(1975.7.7 - 1975.8.29)
ここに幸あり
(1975.9.1 - 1975.10.31)

2000年版編集

2000年3月8日に『にっぽんの名作・朗読紀行「忍ぶ川」』のタイトルで、NHKBShiにて放送された。

キャスト編集

スタッフ編集

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t “《芸能びっくりバラエティ~》 コマキストはゆうつ…山形県の『忍ぶ川』ロケ 大女優へ栗原の"初夜" 全裸?!もふき替えなし 妹さん役の山口果林、サイン攻め 熊井啓監督の執念”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社): p. 11. (1972年2月17日) 
  2. ^ http://movies.yahoo.co.jp/movie/143984/
  3. ^ 忍ぶ川③吉永小百合が候補に – 熊井啓への旅、市民タイムス(Internet Archive)
  4. ^ 忍ぶ川④悲願の映画化 暗礁に – 熊井啓への旅、市民タイムス(Internet Archive)
  5. ^ 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.66.

外部リンク編集