メインメニューを開く
日本 > 三重県 > 志摩市 > 志摩町越賀

志摩町越賀(しまちょうこしか)は、三重県志摩市地名郵便番号は517-0704。住民基本台帳に基づく2013年4月1日現在の人口は1,755人[1]、面積は4.18km22004年1月1日現在[2])。

志摩町越賀
あずり浜(2013年5月撮影)
あずり浜(2013年5月撮影)
志摩町越賀の位置
志摩町越賀の位置
志摩町越賀の位置(三重県内)
志摩町越賀
志摩町越賀
志摩町越賀の位置
北緯34度15分33.7秒 東経136度47分22.3秒 / 北緯34.259361度 東経136.789528度 / 34.259361; 136.789528
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Mie Prefecture.svg 三重県
Flag of Shima, Mie.svg 志摩市
面積
 • 合計 4.18km2
標高
5m
人口
 • 合計 1,755人
 • 密度 420/km2
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
517-0704
市外局番 0599
ナンバープレート 三重
※座標・標高は志摩市役所越賀連絡所付近
越賀中心部

隣接する地区では漁業を主業とする一方、越賀は農業も盛んであり、越賀茶や「きんこ」と呼ばれるサツマイモを干した食品の生産が行われる[3]

目次

地理編集

志摩市の南部、前島半島(さきしまはんとう)の西部に位置する。北側(内海)と南側(外洋)が海に面し、南側に漁港海水浴場を有する。北側は越賀浦と言い、真珠養殖が行われるとともに、外洋が荒れた時に避難港の役割を果たす[3]。内陸部は高台になっており、畑作が盛んである[3]。『角川日本地名大辞典』では「半農半漁の地域」とされ[4]、高木秀和は「熊野灘に面したこれら[注 1]集落では農業のウエイトは全体的に低いといえるが、志摩町越賀のみ例外的に高い」としている[5]

  • 山:城山
  • 海:英虞湾(北側)、熊野灘(南側)
  • 岬:城山岬、岩井戸岬
  • 島:雀島

東は志摩町和具、西は志摩町御座と接する。集落は主に南部に集まり、中田・高岡・若宮などに分かれる[6]。ただし、自然条件が似通った和具と比べれば1軒あたりの屋敷は広い[7]

小・中学校の学区編集

市立中学校に通学する場合、志摩町越賀全域が、越賀小学校・志摩中学校学区となる[8]。越賀小学校は志摩町越賀にある[8]2014年3月31日に越賀中学校が閉校するまで、同校の学区であった[9]

歴史編集

原始から古代編集

越賀北部の小字柳谷にある柳谷遺跡では縄文時代の遺物が大量に出土しており、縄文土器に関しては関東地方瀬戸内地方の土器と共通する特徴があることから、沿岸を伝っての交流があったことが推察される[10]。また、この遺跡の周囲600mには縄文時代の遺跡がほかに3つ集まっており、越賀南部でも縄文時代後期の阿津里(あづり)貝塚が確認されている[10]。南部では古墳時代後期の全16基の円墳群である野里浜(のりはま)古墳群、全10基の野里ノ岬(のりのみさき)古墳群、全7基の布浜(めはま)古墳群が確認されている[10]。このように1地域に古墳が集中するのは、志摩半島では珍しい[10]

平安時代末期の『外記日記』の仁平2年6月26日ユリウス暦1152年7月29日)条に「裁定申各神宮司言上為越賀荘押妨神領事」の文字があり、また『玉葉』の承安2年11月1日(ユリウス暦:1172年11月18日)条には「越賀御厨事、同以消息遣親宗許了」の文字が見られ、越賀荘と越賀御厨の間に争いがあったことが窺える[6]。また『神鳳鈔』にも「越賀」の字がある[11]

中世から近世編集

 
越賀城跡

応永年間(1394年1428年)に越賀の地にやってきた越賀氏(佐治氏とも)は、初代・越賀隼人の隆俊が城山に越賀城を構え、九鬼水軍の攻略に3年間耐えしのいだが九鬼嘉隆と和睦し、九鬼氏に仕えた[12]。息子で2代の隆政は文禄の役で武功を挙げ、御座や鵜方など1800石の所領を得、関ヶ原の戦いでは東軍に味方した九鬼守隆に従い、そこでも手柄を上げた[12]。その長男で3代の隆春は、11歳にして大坂夏の陣に臨んで活躍し、九鬼氏が移封となった際には九鬼隆季に従い丹波国綾部藩に移った[12]。隆春の弟である隆次は九鬼久隆に付き従って、摂津国三田藩へ移った[12]

江戸時代には志摩国英虞郡鵜方組に属し、鳥羽藩の配下にあった。越賀の港は志州四箇津の1つとして栄え、東風のため大王崎沖を通れない船の避難港となった[11]。村内の八幡宮の石垣の修繕には越後国淡路国など遠方の船頭らからも寄進がなされた[6]漁業も行われ、6枚を献上したほか、カツオエビイワシアワビなどを獲っていた[11]。また夕方に越賀を出港し、翌朝尾張国熱田の朝市に届ける「ノリツケ」が行われていた[11]農業の生産性が低く[注 2]、漁業はできるが市場が遠かったため、江戸時代から出稼ぎが行われ、志摩国鳥羽のほか伊勢国山田大湊松坂、更に尾張・三河美濃紀伊大坂天満まで出て大工・イワシ漁・稲刈り海士などの仕事に従事した[14]の生産量が少なかったため、年貢は米納ではなく金納が多く、天保15年(1844年)の記録では年貢564俵のうちおよそ26%に相当する147俵分が金納であった[15]

安政元年11月4日1854年12月23日)、安政東海地震に伴う津波が襲来、溺死者3名を出し、家屋など39棟が流され、田畑にもが流入するなどの被害をもたらした[16]幕末には砲台が築かれ、岩井戸岬に跡が残る[6]

近代から現代編集

こしかむら
越賀村
廃止日 1954年12月1日
廃止理由 新設合併
越賀村和具町布施田村片田村御座村志摩町
現在の自治体 志摩市
廃止時点のデータ
  日本
地方 東海地方近畿地方
都道府県 三重県
志摩郡
団体コード なし(コード導入前に廃止)
面積 4.18km2
隣接自治体 志摩郡和具町、御座村
越賀村役場
所在地 517-07
三重県志摩郡越賀村
 
 表示 ウィキプロジェクト

明治時代になると、小規模ながらアイ綿花の栽培や養蚕が始まるも、それぞれ1902年(明治35年)、終戦頃、1935年(昭和10年)代に途絶えた[17]1879年(明治12年)に隣の御座村を吸収したが[18]1889年(明治22年)の町村制施行により単独で越賀村として村制を敷き(御座が分離[18])、1954年(昭和29年)に昭和の大合併で志摩町大字、2004年(平成16年)に平成の大合併で志摩市の大字となった。

1887年(明治20年)7月、消防公共事業などに携わってきた「若者中」から発展して「越賀青年会」が発足、途中「越賀組」に改名したのちに1912年(明治45年)2月に「越賀青年団」となった[19]。同青年団は、15〜35歳の男性を団員とし、道徳涵養(かんよう)、「夜学部」などでの学術知識研修体育、農業の発展のための品評会・試作といった事業を展開した[20]。一方で15〜30歳を対象とした「越賀共制社」という組織もあり、遭難者の救助祭典の任務にあたった[21]。これら若者を対象とした2団体の並存状態について、宮前耕史はともに風俗改良・悪習矯正を掲げながらも「青年会」は学術研究を主とした私的な団体、「共制社」は共同体の利害に関わる公的な団体と言える、としている[22]。また当時、「遊屋」という女性のための夜業の場があったが、そこには男性が出かけて行き、男女交際の場ともなっていた[23]。そして夜業を終えると空き家に侵入し、性的な関係を結ぶ行為が常態化していたという[24]

その現状を憂い、越賀の風儀矯正を目的とした「越賀崇徳会」は、男性向けの夜業の場を設けて男女とも「遊屋」への宿泊を義務付け、村の青年社会にふさわしくないものを村八分にすることを主張した[25]。この「崇徳会」の意見がどの程度受け入れられたかは不明であるが、大正時代初期には青年団長により「遊屋」は廃止された[26]

1893年(明治25年)には越賀村の海女が寒天原料テングサを求め、北海道礼文島へ出稼ぎに出かけた[27]。その後、1920年代まで海女は礼文島や利尻島へ毎年出稼ぎへ行くようになり、中には出稼ぎ先で結婚する海女もいた[27]。大正時代より越賀村では天然真珠の採取が行われ、1926年(昭和元年)には真珠養殖が始まった[28]1960年代には養殖規模で東隣の和具に3倍の差を付けられたが、生産高は和具と同程度だった[28]

第二次世界大戦後、真珠加工場建設のために整地中、柳谷遺跡が発見された[10]。また、1953年(昭和28年)の台風13号復旧工事で野里浜古墳群から弥生時代の遺物が、1968年(昭和43年)6月の分譲別荘地開発の際は野里浜古墳群1号墳から土師器須恵器が出土した[10]1950年代には畜産が盛んになり、果樹などの栽培も始まった[28]

2014年(平成26年)3月31日、統合により志摩町越賀にあった越賀中学校が閉校した[29]

沿革編集

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い、英虞郡越賀村となる。大字は編成せず。
  • 1896年(明治29年)3月29日 - 英虞郡が答志郡と合併し、志摩郡越賀村となる。大字は編成せず。
  • 1954年(昭和29年)12月1日 - 町村合併により、志摩郡志摩町越賀となる。
  • 2004年(平成16年)10月1日 - 町村合併により、志摩市志摩町越賀となる。

地名の由来編集

中村精貮は以下のような説明をしている[30]

  • 越賀の西部に布浜(めはま)という小字がある。布浜から東に行くと越賀の中心集落の前の浜に出る。そこから、布浜から東に越した浜、つまり「越ヶ浜」という名称を与えられた。その後、時間の経過とともに浜が欠落して「越ヶ」となり、「ヶ」が「賀」の字に変化して「越賀」となった。

人口の変遷編集

総数 [戸数または世帯数:   、人口:   ]

1746年延享3年)[6]   154戸
     710人
1844年天保15年)[31]      203戸
      1,135人
1868年慶応4年)[31]      205戸
     1,211人
1908年(明治41年)[31]       335戸
      2,033人
1960年(昭和35年)[32]     530世帯
           2,880人
1980年(昭和55年)[4]      675世帯
           2,484人
2000年(平成12年)[32]     712世帯
     2,159人

経済編集

越賀茶編集

越賀茶(こしかちゃ)は、三重県志摩市志摩町越賀で生産される日本茶伊勢茶の1つでもある。栽培品種は「やぶきた」と在来種の「やえほう」が中心で[33]、ほどよい渋みと甘みを有する[34]。温暖な気候のため、三重県の他の地域に先んじて茶摘みが行われるが、2011年(平成23年)は例年より10日遅い4月24日から茶摘みが始まった[34]

2011年(平成23年)現在、約100戸の生産農家が計3ha農地で茶を栽培し、約7t収穫している[34]。栽培には「周囲園」と呼ばれる、他の作物畑を囲むように茶の木を植える方法を採用し、土壌流失を防いでいる[34]

越賀漁港編集

 
越賀漁港

越賀漁港(こしかぎょこう)は、三重県志摩市志摩町越賀の熊野灘沿岸にある第1種漁港。志摩市が管理している[35]1952年(昭和27年)から漁港認定に向けて3か年計画を立て、翌1953年(昭和28年)3月5日に漁港認定を受けた[35]。しかし、同年の台風13号で被災し計画通りにはいかず、最小限の施設として船揚斜路が設けられた[35]

細萱泉らが地理情報システム(GIS)を用いて南海トラフ震源とするマグニチュード8クラスの東南海南海地震が発生した場合の津波シミュレートしたところ、越賀漁港には地震発生から10分後に9.5mの津波が押し寄せるという結果が得られた[36]

越賀では、海女によるサザエ・アワビ、漁師によるエビ刺し網漁、アジサバ定置網漁といった沿岸漁業が盛んである[4]2009年(平成21年)の陸揚量は135.6t、陸揚金額は128百万円である[35]。越賀漁業協同組合は、平成に入ってから活発化した三重県内各地の漁業協同組合合併に加わらず、単独経営を続けてきたが、2010年(平成22年)3月31日をもって解散した[37]

観光編集

  • あづり浜(あずり浜・阿津里浜) - 夏に海水浴キャンプに訪れる客が多い[4]。付近は景勝地で、ハマユウが咲く[4]
  • 弓祭り(弓引神事) - 鎮守の越賀神社(合祀前は八幡宮)の神事[12]旧暦の1月11日に行われていたが、現在は1月中の休日を選んで催行される[38]。西方浜にて、1年の豊作大漁を願い[38]、射手6人が6尺四方のを射る[39]
  • 大山公苑 - 越賀北部にある観光文化施設で、4月にはボタン80種800株が咲く[40]。2011年(平成23年)春に幅員7mの道路を整備した[40]。日本の陶芸品や真珠、中国の玉宝などを展示する「大山玉宝美術館」[41]や日本中の土鈴16,000点を収蔵する「志摩・鈴ミュージアム」も苑内にある[42]
  • 海女資料館(海女小屋体験) - 2006年(平成18年)に伊勢志摩で開かれた自然公園大会を期に開館し、漁師宅にあった漁具等を展示する[43]。海女の話を聴きながら、魚介類の網焼きを食べられる[44]

交通編集

鉄道
鉄道は通っていない。最寄り駅は、陸路なら阿児町鵜方にある近鉄志摩線鵜方駅、志摩町和具から海路を利用すれば阿児町神明賢島にある同線賢島駅となる。
バス
越賀バス停
道路

施設編集

  • 志摩市越賀連絡所
  • 志摩市立越賀小学校
  • 志摩市立越賀保育所(休所中[45]
  • 越賀地区多目的集会施設
  • 鳥羽警察署越賀警察官駐在所
  • 志摩越賀郵便局
  • 鳥羽志摩農業協同組合志摩支店越賀
  • 越賀真珠漁業協同組合
  • 渚亭 磯月
  • 活鮮旅館 志摩半島
  • 志摩オートキャンプ場
  • グループホームなのはな

史跡編集

  • 越賀城 - 中世の城館で、越賀氏3代の居城[11]。往時は越賀氏の家人70人が拠り、三方が絶壁という天然の要害だった[12]。現地は三方に土塁を残し、北東の土塁に組み込まれた石組は横穴式古墳だったと考えられている[11]
  • 越賀神社 - 八幡宮ほか10社を合祀して1907年(明治40年)に日吉神社として創建、翌1908年(明治41年)に越賀神社に改称、小字宮若に移転した[6]。神宝として越賀隼人が朝鮮出兵の際に持ち帰ったとされる獅子頭天狗面がある[46]
  • 旧越賀村郷蔵 - 年貢米を鳥羽藩に納めるまでの間の保管や藩の災害救助米の備蓄に利用され[10]、明治時代には海藻の収納庫となった[47]明和3年(1766年)に建造され、1964年(昭和39年)10月16日三重県指定史跡となった[48]
  • 越賀の舞台 - 志摩では幕末に歌舞伎地芝居が盛んになり、舞台が造られた中、志摩に現存する唯一のものが越賀の舞台である[49][注 3]嘉永4年(1851年)に落成[49]。安政東海地震で越賀村は被災したが、舞台は無事だったという[10]1978年(昭和53年)2月7日に三重県指定有形民俗文化財に指定される[49]

寺院編集

越賀は江戸時代に「ホトケムラ」(仏村)と呼ばれたほど仏教が篤く信仰され、明治初期の神仏分離神道への改宗を強要された後に村人の尽力で仏教勢力の復興を果たした[51]

  • 竜海山宝珠院
  • 瑠璃光山普門寺 - 曹洞宗永平寺派の仏教寺院[6]。別名を「西寺」と言い、越賀氏の菩提寺であった[6]。安政東海地震では倒壊している[11]文禄年間(1592年1596年)にこの寺で奉公していた尻こぼしが運んできたという巨石「コボシイシ」(小法師石)が境内にある[52]
  • 南溟山大蔵寺 - 曹洞宗の仏教寺院で、別名を「東寺」という[6]。越賀氏の城砦の祈願所だった[6]。境内に「安政津波流倒記」というが立つ[6]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 「これら」は浜島町浜島と志摩町和具を指している。
  2. ^ 立教大学博物館学講座による調査では、江戸時代の越賀村の耕地は、半分以上が中田・中畑以上の等級に区分されていたことから「生産力も低くなかったと考えてよいだろう」としている[13]
  3. ^ 志摩市大王町船越にあった舞台は神奈川県川崎市にある日本民家園に移設され、「旧船越の舞台」として国の重要有形民俗文化財に指定されている[50]

出典編集

  1. ^ 志摩市役所"志摩市の人口について|新しい里海のまち・志摩"(2013年5月14日閲覧。)
  2. ^ 志摩町役場企画課(2004):95ページ
  3. ^ a b c 横山ビジターセンター"39 和具~御座"(2011年9月19日閲覧。)
  4. ^ a b c d e 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編(1983):1423ページ
  5. ^ 高木(2009):53ページ
  6. ^ a b c d e f g h i j k 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編(1983):492ページ
  7. ^ 立教大学博物館学講座(1966):44ページ
  8. ^ a b 学校通学区”. 志摩市教育委員会事務局学校人権教育課. 2014年8月6日閲覧。
  9. ^ 学校通学区”. 志摩市教育委員会事務局学校人権教育課. 2014年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月6日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h 平凡社(1983):700ページ
  11. ^ a b c d e f g 平凡社(1983):699ページ
  12. ^ a b c d e f 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編(1983):1421ページ
  13. ^ 立教大学博物館学講座(1966):33ページ
  14. ^ 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編(1983):1422ページ
  15. ^ 西垣・松島(1974):144ページ
  16. ^ 平凡社(1983):699 - 700ページ
  17. ^ 立教大学博物館学講座(1966):38ページ
  18. ^ a b 志摩町史編纂委員会 編(2004):249ページ
  19. ^ 宮前(2007):208ページ
  20. ^ 宮前(2007):207ページ
  21. ^ 宮前(2007):206ページ
  22. ^ 宮前(2007):205 - 204ページ
  23. ^ 宮前(2007):203 - 202ページ
  24. ^ 宮前(2007):200ページ
  25. ^ 宮前(2007):204,202 - 198ページ
  26. ^ 宮前(2007):198 - 197ページ
  27. ^ a b 吉村利男"テングサ求めて海女の出稼ぎ-志摩から北海道利尻・礼文へ"三重県庁公式サイト内(2011年10月15日閲覧。)
  28. ^ a b c 立教大学博物館学講座(1966):35ページ
  29. ^ 「誇りに思える中学に」3校統合の志摩中が開校式”. 伊勢新聞 (2014年4月8日). 2014年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月6日閲覧。
  30. ^ 中村(1951):154 - 155ページ
  31. ^ a b c d e 立教大学博物館学講座(1966):32ページ
  32. ^ a b 志摩町役場企画課(2004):96ページ
  33. ^ 鳥羽志摩農業協同組合"はばたけ農家 VOL.11 越賀茶"(2011年10月15日閲覧。)
  34. ^ a b c d 飯田(2011a):10ページ
  35. ^ a b c d 三重県農水商工部水産基盤室"三重県農水商工部水産基盤室/越賀漁港"(2011年10月14日閲覧。)
  36. ^ 細萱ほか(2008):11 - 13ページ
  37. ^ 三重県農水商工部水産経営室漁協グループ"三重県農水商工部水産経営室/漁協一覧"(2011年10月15日閲覧。)
  38. ^ a b 伊勢志摩きらり千選実行グループ"弓祭り(越賀弓引き 神事) - 伊勢志摩きらり千選"(2011年10月15日閲覧。)
  39. ^ 立教大学博物館学講座(1967):53ページ
  40. ^ a b 飯田(2011b):20ページ
  41. ^ 三重県生活・文化部文化振興室"三重県内の博物館・資料館/大山玉宝美術館"(2011年10月15日閲覧。)
  42. ^ 三重県生活・文化部文化振興室"三重県内の博物館・資料館/志摩 鈴ミュージアム"(2011年10月15日閲覧。)
  43. ^ 山川芳洋"海女学 18 海女文化の展示館"(2011年10月15日閲覧。)
  44. ^ JTBパブリッシング編集制作本部関西編集部 編(2010):70ページ
  45. ^ 志摩市役所健康福祉部子育て支援課"保育所一覧 平成23年4月1日現在|くらしの情報|伊勢志摩国立公園 志摩市"平成23年4月1日(2011年9月19日閲覧。)
  46. ^ 志摩市観光協会"志摩市観光協会>観光名所>志摩"(2011年10月15日閲覧。)
  47. ^ 志摩町役場企画課(2004):66ページ
  48. ^ 三重県教育委員会事務局社会教育・文化財保護室"みんなで、守ろう!活かそう!三重の文化財/情報データベース/旧越賀村郷蔵"(2011年10月15日閲覧。)
  49. ^ a b c 三重県教育委員会事務局社会教育・文化財保護室"みんなで、守ろう!活かそう!三重の文化財/情報データベース/越賀の舞台"(2011年10月15日閲覧。)
  50. ^ 文化庁"国指定文化財等データベース/旧船越の舞台"
  51. ^ 立教大学博物館学講座(1967):48ページ
  52. ^ 立教大学博物館学講座(1967):49ページ

参考文献編集

  • 飯田竜司(2011a)"夏も近づく…茶摘み始まる 志摩の越賀茶 例年通りの出来"2011年4月25日付中日新聞朝刊、広域三重10ページ
  • 飯田竜司(2011b)"華やか大輪 80種そろう 志摩 大山公苑でボタン見頃"2011年4月25日付中日新聞朝刊、伊勢志摩版20ページ
  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編『角川日本地名大辞典 24三重県』角川書店、昭和58年6月8日、1643pp.
  • JTBパブリッシング編集制作本部関西編集部『るるぶ 伊勢志摩'11』JTBパブリッシング、2010年4月1日、133pp.
  • 志摩町史編纂委員会 編『志摩町史 改訂版』志摩町教育委員会、平成16年9月1日、1164pp.
  • 志摩町役場企画課『志摩町町勢要覧 町制50周年記念号 〜磯笛と潮騒のまちを記録する〜』志摩町役場企画課、2004年7月、121pp.
  • 高木秀和(2009)"三重県志摩半島における漁村の分析と地域類型"2009年人文地理学会研究発表要旨(人文地理学会).52-53.
  • 中村精貮『志摩の地名の話』伊勢志摩国立公園協会、昭和26年11月3日、167p.
  • 西垣晴次・松島博『三重県の歴史』山川出版社、昭和49年10月5日、県史シリーズ24、254pp.
  • 細萱 泉・伊藤清則・竹中広明(2008)"津波解析支援GISシステムによる伊勢湾の津波についての考察"水路(財団法人日本水路協会).36(4):8-17.
  • 宮前耕史(2007)"明治中後期風俗改良に関する一考察―志摩郡越賀村における若者組織と「遊屋」改良―"歴史人類(筑波大学大学院人文社会科学研究科歴史・人類学専攻).35:212-185.

雑誌『歴史人類』は横書きと縦書きの論文が混在しており、宮前の論文は縦書きのため、212ページから始まり185ページで終わっている。

  • 立教大学博物館学講座『三重県志摩地方の民俗調査―鳥羽市答志島,志摩町和具・越賀―』立教大学博物館学講座民俗調査報告2、立教大学博物館学講座、昭和41年3月25日、58pp.
  • 『三重県の地名』日本歴史地名大系24、平凡社、1983年5月20日、1081pp.

関連項目編集

外部リンク編集