メインメニューを開く

志水 直(しみず ただし、嘉永2年4月21日1849年5月13日) - 昭和2年(1927年4月26日)は、日本の陸軍軍人、最終階級は陸軍大佐衆議院議員立憲政友会)、名古屋市長

志水 直
しみず ただし
Shimizu Tadashi.jpg
志水直
生年月日 嘉永2年4月21日
(1849年5月13日)
没年月日 (1927-04-26) 1927年4月26日(77歳没)
所属政党 立憲政友会

Flag of Nagoya, Aichi.svg 名古屋市長
在任期間 1897年 - 1901年

日本の旗 衆議院議員
選挙区 名古屋2区
当選回数 1
在任期間 1902年 - 1903年
テンプレートを表示

経歴編集

名古屋伝馬町(現在の名古屋市中区)出身。佐賀の乱神風連の乱萩の乱西南戦争に従軍。また英語フランス語中国語を修め、1879年(明治12年)には東アジア各地に軍事視察に派遣され、1884年(明治17年)には大山巌陸軍卿の欧米諸国歴訪に随行した。

1892年(明治25年)11月15日、予備役に編入。日清戦争で召集され、その功績で1895年(明治28年)4月23日、陸軍大佐に昇進した[1]

退役後、台湾総督府民政局事務官を経て、1897年(明治30年)より5年間名古屋市長を務めた。1902年(明治35年)、第7回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。

栄典・授章・授賞編集

外国勲章佩用允許

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『陸軍予備役後備役将校同相当官服役停年名簿』 (明治35年7月1日調査)8コマに記載
  2. ^ 『官報』第1936号「叙任及辞令」1889年12月10日。
  3. ^ 『官報』第3861号「叙任及辞令」1896年5月15日。
  4. ^ 『官報』第684号「叙任」1885年10月9日。

参考文献編集

  • 『新選代議士列伝』金港堂、1902年、128頁。NDLJP:778148