志田陽子

日本の憲法学者

志田 陽子(しだ ようこ、1961年 - )は、日本の憲法学者武蔵野美術大学教授。

志田 陽子
人物情報
生誕 1961年????
東京都世田谷区
国籍 日本の旗 日本
出身校 早稲田大学法学部
学問
研究分野 憲法学
研究機関 武蔵野美術大学
学位 博士
公式サイト
憲法研究者・志田陽子オフィシャル
テンプレートを表示

来歴編集

東京都世田谷区出身。東洋英和女学院高等部卒業[1]1984年早稲田大学法学部卒業。2000年同大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学。同年、武蔵野美術大学造形学部助教授、2002年同教授。2007年「文化戦争と憲法理論 アイデンティティの相剋と模索」で早大博士法学)。

2017年4月1日に発足したアダルトビデオに関する第三者委員会「AV業界改革推進有識者委員会」代表に就任[2]。同年10月より後継組織のAV人権倫理機構代表理事[3]

2019年3月5日、任期満了に伴う東村山市長選挙に立候補する意向を表明したが[4]、4月1日に「過労による体調不良」を理由に出馬取り止めを発表した[5][6][7]

著書編集

  • 『表現活動と法』 武蔵野美術大学出版局、2002年。
  • 『文化戦争と憲法理論 アイデンティティの相剋と模索』 法律文化社、2006年。
  • 『表現者のための憲法入門』 武蔵野美術大学出版局、2015年。
  • 『「表現の自由」の明日へ 一人ひとりのために、共存社会のために』 大月書店 2018年
編著
  • 『映画で学ぶ憲法』編 法律文化社、2014年。
  • 『【合格水準】教職のための憲法』 法律文化社 2017年

論文編集

脚注編集

  1. ^ 志田陽子Facebook プロフィール
  2. ^ AV業界健全化へ「第三者委」発足…業界団体IPPAなどが会員、代表は志田陽子教授”. ORICON NEWS (2017年4月6日). 2018年2月4日閲覧。
  3. ^ AV人権倫理機構 各理事 紹介”. AV人権倫理機構. 2018年12月13日閲覧。
  4. ^ “’19統一地方選 東村山市長選 志田氏出馬表明 武蔵野美術大教授 /東京”. 毎日新聞. (2019年3月6日). https://mainichi.jp/articles/20190306/ddl/k13/010/013000c 2019年3月6日閲覧。 
  5. ^ “東村山市長選 志田陽子氏が出馬取りやめ /東京”. 毎日新聞. (2019年4月2日). https://mainichi.jp/articles/20190402/ddl/k13/010/005000c 2019年4月2日閲覧。 
  6. ^ “「求む対立候補!」東京・東村山市長が異例のアピール 無投票に危機感”. 産経新聞. (2019年4月5日). https://www.sankei.com/politics/news/190405/plt1904050038-n1.html 2019年4月12日閲覧。 
  7. ^ 03-31-2019 ごあいさつ - 憲法研究者・志田陽子オフィシャル

外部リンク編集


先代:
大藤紀子
憲法理論研究会事務局長
2012年 - 2014年
次代:
大津浩