メインメニューを開く

志貴御縣坐神社(しきみあがたにますじんじゃ/しきのみあがたにますじんじゃ、志貴御県坐神社)は、奈良県桜井市金屋にある神社式内社式内大社)で、旧社格村社

志貴御縣坐神社
Shiki-no-miagatanimasu-jinja, haiden.jpg
拝殿
所在地 奈良県桜井市金屋896
位置 北緯34度31分31.18秒
東経135度51分10.37秒
座標: 北緯34度31分31.18秒 東経135度51分10.37秒
主祭神 大己貴神
社格 式内社(大)
村社
創建 不詳
地図
志貴御縣坐神社の位置(奈良県内)
志貴御縣坐神社
志貴御縣坐神社
テンプレートを表示

祭神編集

大和国六御県神社
延喜式神名帳 比定社
高市県 高市御県神社 高市御県神社
葛木県 葛木御県神社 葛木御縣神社
十市県 十市御県坐神社 十市御縣坐神社
志貴県 志貴御県坐神社 志貴御縣坐神社
山辺県 山辺御県坐神社 (論)山邊御縣神社
(論)山邊御縣神社
曽布県 添御県坐神社 (論)添御県坐神社
(論)添御県坐神社

現在の祭神は次の通り(神社明細帳)[1]

『大和志料』では祭神を御県の霊とし、その他に天津饒速日命とする説などがある[1]

社名に見える「(あがた)」は古代朝廷の直轄地(供御料地)を指す。大和国の高市・葛木・十市・志貴・山辺・曽布の6県は特に朝廷とのつながりが深く、「六御県(むつのみあがた)」と総称されて各御県には御県神社が鎮座し、当社はそのうちの1つとされる[2][1]。当社の鎮座する志貴御県の首長は磯城県主(志貴県主/師木県主:しきのあがたぬし、のち志貴連)で、『新撰姓氏録』大和国神別 志貴連条では日子湯支命(神饒速日命の孫)の後裔とし、『先代旧事本紀』「天孫本紀」では建新川命(饒速日命七世孫)または物部印岐美連公(饒速日命七世孫の十市根命の子)の後裔とする[3]。また『日本書紀神武天皇2年条では神武東征で活躍した弟磯城を磯城県主にしたと見える[1][3]。他に磯城県主を事代主神の後裔とする説があり、過去には太田亮が「磯城彦は即ち三輪氏の他ならず」と指摘している[4]。この説を採れば、同神社が大己貴神を祭神としていることにも通じる。

この磯城県主はのちの大和国城上郡城下郡付近に勢力をもった古代豪族とされ、『古事記』・『日本書紀』では磯城県主一族の娘が綏靖天皇(第2代)から孝安天皇(第6代)までの各天皇の皇妃になったとも見えることから、古くからヤマト王権と婚姻関係を結んだ様子が示唆される[5][1][3]

歴史編集

概史編集

創建は不詳。

天平2年(730年)の『大和国正税帳』では、「志癸御県」の神戸として城上郡内から租穀1,351束8把が定められ、そのうち祭神料として4束が充てられている[6][1]

新抄格勅符抄大同元年(806年)牒では、当時の「志貴御県神」に神戸として大和国から12戸が充てられている[6][1]

国史では、天安3年(859年)に「志貴御県神」の神階が従五位下から従五位上に昇叙された旨が記される[1]

延長5年(927年)成立の『延喜式神名帳では、大和国城上郡に「志貴御県坐神社 大 月次新嘗」として、式内大社に列するとともに、朝廷の月次祭新嘗祭では幣帛に預かる旨が記載されている[6][1]

文明6年(1474年)の「宿院会米帳」には「シキノミヤ」の記載が見える[1]

明治維新後、近代社格制度では村社に列している[6][1]

神階編集

境内編集

志貴御縣坐神社の付近は、一説に『古事記』・『日本書紀』に第10代崇神天皇が営んだと見える磯城瑞籬宮(師木水垣宮)の跡地に比定され、現在は石碑が建てられている[7][8]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 志貴御県坐神社(平凡社) 1981.
  2. ^ 上田正昭「六御県」『国史大辞典』吉川弘文館。
  3. ^ a b c 磯城県主(古代氏族) 2010.
  4. ^ 宝賀寿男「長髄彦と磯城県主の系譜」『三輪氏 大物主神の祭祀者』青垣出版、2015年
  5. ^ 磯城県主(国史).
  6. ^ a b c d 志貴御県坐神社(国史).
  7. ^ 川口勝康「磯城瑞籬宮」『国史大辞典』吉川弘文館。
  8. ^ 「磯城瑞籬宮」『日本歴史地名大系 30 奈良県の地名』平凡社、1981年。

参考文献編集

  • 国史大辞典吉川弘文館
    • 真弓常忠「磯城県主」永島福太郎「志貴御県坐神社」
  • 「志貴御県坐神社」『日本歴史地名大系 30 奈良県の地名』平凡社、1981年。ISBN 4582490301
  • 「磯城県主」『日本古代氏族人名辞典 普及版』吉川弘文館、2010年。ISBN 978-4642014588

関連項目編集

外部リンク編集