志道 元保(しじ もとやす)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将安芸毛利氏の家臣。志道城主。志道広良の孫で[1]、父は志道広長[3]。父が若くして死去したため、祖父の後継となる。

 
志道元保
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文5年(1536年
死没 天正10年10月23日[1][2]1582年11月18日
別名 通称:太郎三郎[1]
官位 大蔵少輔[1]上野介[1]
主君 毛利元就輝元
氏族 大江姓毛利氏庶流志道氏
父母 父:志道広長
兄弟 元保良泰[1]、女(岡氏室)[1]、女(瀬野氏室)[1]秀雅満願寺七世住職)[1]通信[1]
口羽通良の娘[1]
元規[1]椙杜元縁[1]元勝[1]
テンプレートを表示

生涯編集

天文5年(1536年)、毛利氏家臣・志道広長の嫡男として生まれる。天文8年(1539年)に父・広長が死去したため、幼少ながら元保が後継となって志道氏を相続した。

天文24年(1555年)、陶晴賢に味方した野間隆実矢野城攻略に参加し、同年の厳島の戦いで陶晴賢を討った後に始まった毛利元就防長経略にも従った。弘治3年(1557年)、元保は阿曽沼広秀福原貞俊らと供に長門国且山城を攻撃して、なおも抵抗を続ける内藤隆世を自害に追い込んだ。更に大内義長が籠る長福寺を包囲して、義長を自害させた。

永禄9年(1566年)の月山富田城の戦いにも参加して戦功を挙げ、本領の志道荘だけではなく、安芸国有富、西条八名、周防国高尾、出雲国多久和を知行し、安芸国中麻原代官を務めた。

天正10年(1582年10月23日に死去。享年47。嫡男の元規が後を継いだ。次男の元縁は、天正13年(1585年)に椙杜隆康の後継者が不在となったため、その養子となって椙杜氏を継承した。子孫は代々長州藩寄組の藩士として続いた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 田村哲夫編修 1980, p. 150.
  2. ^ 『島根県史』第8巻
  3. ^ 武将系譜辞典 大内家人名録

参考文献編集

  • 『近世防長諸家系図綜覧』防長新聞社山口支社編、三坂圭治監修、防長新聞社、1966年3月。全国書誌番号:73004060NCID BN07835639OCLC 703821998 国立国会図書館デジタルコレクション