忘れじの歌』(わすれじのうた)は宝塚歌劇団ミュージカル作品。1938年初演。

ストーリー編集

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の1982年・宝塚バウホール公演[1]参考。

新進画家のダルメンとジェーンは互いに愛し合っていたが、歌姫のメルバがダルメンに愛の歌を捧げたことから、人々の噂の渦に巻き込まれ誤解したまま別れてしまう。戦争が二人を遠くに隔てたが、戦争で傷つき失明したダルメンのため、ジェーンは名前を偽り彼の付き添い看護士となるのであった。傷ついた恋人に献身的な愛を捧げる女性との純愛物語が描かれた。

上演記録編集

1938年星組
1月1日から1月31日まで宝塚大劇場[2]、3月3日から3月29日まで東京宝塚劇場[3]、4月1日から4月10日まで名古屋宝塚劇場[4]、10月23日から10月30日まで静岡宝塚劇場[4]で公演。
宝塚の形式名は「オペレツト[2]」、宝塚は8場[2]
宝塚の併演作品は『満州より北支へ[2]』、東京は『さくら娘[3]』(宝塚未公演の作品[3])と『満州より北支へ[3]』、名古屋は『五人道成寺[4]』と『満州より北支へ[4]』、静岡は『寶三番叟[4]』と『寶塚をどり[4]』。
1967年・雪組
1月2日から1月29日まで新宿コマ劇場[5]、3月2日から3月23日まで宝塚大劇場[6]で公演。
宝塚の形式名は「ミュージカル・ロマンス[6]」、宝塚は9場[6]
併演作品は『タカラジェンヌに乾杯![5][6]
1982年・星組
2月21日から3月7日まで宝塚バウホール[1]で公演。
形式名は「バウ・ミュージカル[1]」。2幕[1]

スタッフ編集

1938年・宝塚大劇場公演(スタッフ)編集

1938年・東京宝塚劇場公演(スタッフ・主な人物)編集

  • 白井鐵造[3]

1938年・名古屋宝塚劇場公演(スタッフ・主な人物)編集

  • 白井鐵造[4]

1938年・静岡宝塚劇場公演(スタッフ・主な人物)編集

  • 白井鐵造[4]

1967年・新宿コマ劇場公演(スタッフ・主な人物)編集

  • 白井鐵造[8]

1967年・宝塚大劇場公演(スタッフ)編集

1982年(スタッフ・主な人物)編集

出演者編集

1938年・宝塚大劇場(主な配役)編集

1967年・宝塚大劇場公演(主な配役)編集

1967年・新宿コマ劇場公演(雪組と特別出演者)編集

  • 雪組は選抜スターのみ[10]
  • 八汐路まり[10]

1982年(主な配役)編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 100年史(舞台) 2014, p. 224.
  2. ^ a b c d e f g 100年史(舞台) 2014, p. 88.
  3. ^ a b c d e 100年史(舞台) 2014, p. 211.
  4. ^ a b c d e f g h 90年史 2004, p. 290.
  5. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 214.
  6. ^ a b c d 100年史(舞台) 2014, p. 130.
  7. ^ 100年史(人物) 2014, p. 174.
  8. ^ 90年史 2004, p. 279.
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 60年史別冊 1974, p. 49.
  10. ^ a b 60年史別冊 1974, p. 47.

参考文献編集

  • 編集発行人:橋本雅夫『宝塚歌劇の60年別冊・年譜 最近の10年』宝塚歌劇団、1974年。
  • 編集:森照実春馬誉貴子相井美由紀山本久美子、執筆:國眼隆一『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0