メインメニューを開く

忘れないと誓ったぼくがいた

日本ファンタジーノベル

忘れないと誓ったぼくがいた』(わすれないとちかったぼくがいた)は、日本ファンタジーノベル大賞受賞作家である平山瑞穂による長編ファンタジー小説。

2006年2月に新潮社から刊行された。第16回日本ファンタジーノベル大賞を受賞した『ラス・マンチャス通信』(2004年)に続く長編第2作。2008年7月には文庫化された。

2015年に、村上虹郎早見あかりの主演で映画化。監督は、堀江慶。3月28日公開。

目次

あらすじ編集

平凡な高校3年生の葉山タカシがある日出会い、恋に落ちた少女・織部あずさにはある秘密があった。彼女に会った誰もが、数時間のうちに彼女についての記憶を失ってしまうのだという。信じられない告白を本気にしなかったタカシだったが、周囲の人々が皆あずさの存在を覚えておらず、タカシ自身までもが彼女のことを忘れかけている事実に気づき愕然とする。以来、自分だけはあずさのことを絶対に忘れるまいと、必死の努力を続ける。

書誌情報編集

映画編集

忘れないと誓ったぼくがいた
監督 堀江慶
脚本 堀江慶
おかざきさとこ
原作 平山瑞穂
製作 椋樹弘尚
渡辺尊俊
出演者 村上虹郎
早見あかり
音楽 三枝伸太郎
主題歌 クリープハイプ「2LDK」(ユニバーサルシグマ
撮影 板倉陽子
編集 村上雅樹
制作会社 ジャンゴフィルム
製作会社 beachwalkers.
配給 日活
公開  2015年3月28日
上映時間 94分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

堀江慶監督が映画化。主演は村上虹郎早見あかり。神奈川県秦野市で主に撮影された。

キャスト編集

スタッフ編集

外部リンク編集